電車とバスで行く新蓮田サービスエリア「Pasar蓮田」

本日は公共交通で行く SA・PA 企画の第二弾。

昨日移転して拡大オープンした

東北自動車道の蓮田サービスエリア(上り)に

行ってきました。


なお、前回の記事は……


スポンサードリンク

生まれ変わった蓮田SA

東北道を都内方向に走って

最後の休憩施設となるのが

この蓮田サービスエリア。

地図で示すとこの辺り。

昨日の午前中までは

2km ほど北よりに存在していましたが、

敷地が狭く、かなり窮屈な印象でした。

※スマートIC は旧エリアに存置。

一般道からもアクセス可

新蓮田SAは「Pasar蓮田」として、

地域住民の方にも開かれた SA となりました。


一般道側にも駐車場(90 台程度)、

バイク駐車スペース、駐輪場があります。

なお、駐車場は有料。

料金は

  • 7:00 ~ 19:00 が 30 分 300 円
  • 19:00 ~ 7:00 が 60 分 100 円

となっていますが、

最初の 1 時間までは無料で、

施設内に設置された認証機に

駐車券を通すことで

さらに 1 時間無料となります。

無料バスでアクセス

そして特筆すべきは、

バスでアクセスできること。

しかも無料!です。

今回はオープン 2 日目で

混雑が予想されたのでこのバスを

利用して行ってみることに。


バスが発車するのは

JR 宇都宮線蓮田駅東口前にある

ロータリーの 4 番乗り場。

こんなバスがお出迎え

乗り場付近に時刻表も掲示されています。

2019年7月30日 現在の時刻表は以下の通り。

駅発は 9:40 ~ 19:20 までで

昼休憩時を除き、概ね 1 時間に 1 本の運行です。

昼時は混むだろうということで

10:30 発のバスに乗りました。

バスは一般道側駐車場脇の乗り場に

直行し、途中での下車はできません。

伝説の初出店

平日午前中ですが館内は大賑わい。

ということで、早めのランチとします。

今回狙いを定めたのは、

伝説のすた丼屋

NEXCO 東日本管内では初出店とのこと。

ここのボリュームは知るところでしたので、

本日は朝食を抜いて臨んでおります。

限定メニュー

オーダーしたのはここ限定の

「すた丼&蓮田セット」。

定番のすた丼に唐揚げ 3 個と

ドリンク(Mサイズ)がついて

お値段は 980 円(税抜)。

やはりボリュームありますね。

さらに、オープン記念として

2019 年 8 月 4 日まではすた丼、

生姜丼は肉50%増量サービスを

実施しています。

思わぬ伏兵

ワタクシ、すた丼屋の唐揚げは

初めて食べたのですが、

これが侮れない旨さでした。

メニューにはこの唐揚げがゴロゴロと

乗っかった唐揚げ丼もありました。

初出店がたくさん

この Pasar蓮田に出店しているのは

これまでの定番のお店から、

生鮮食品を扱ったり、T シャツ専門店、

帆布の鞄・小物店など新たな試みも。

お店の詳細は公式 Web サイトにて。

地元発祥のお店のようです

昼どきを迎えてますます混雑が

ひどくなってきたのでそそくさと

退散しましたが、また改めて

今度は高速道路側から立ち寄って

見たいと思います。

お車で一般道側からお越しになる方へ

帰りのバス乗車時(12:10発)、

駐車場入口には数百メートルの入り口渋滞が

発生していました。

この状況は当面続くと思われます。

お車でお越しの方は早い時間に入場されることを

おすすめします。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ