トヨタ シエンタの輪行用途評価 Part.2

少し(2 年ちょっと)に

トヨタ シエンタについて、

こんな記事を書きました。

トヨタシエンタを輪行用グルマとして評価してみる

今回はこの記事に補足する

形で書いてみます。

 

シエンタに自転車、スキー板などの

長尺物を積みたいとお考えの方は

ご参考までにお読みください。

運転席スペースが……

本日、業務にてシエンタ(3 列シート仕様)を

運転する機会があったのですが、

お客様からの要望で、

2、3 列目のシートを

折りたたんだ状態で回送したときの

お話です。

 

具体的には

こんな状態の時です。

これをフラットラゲージモードと

呼ぶそうです。

 

いつものようにドラポジを

調整しようと運転席シートを

後方にスライドしましたら、

自分が意図した位置の

手前までしか動きません。

 

上図のように 2 列目シートが

壁となってその動きを

阻害しているのでした。

 

結局、背もたれを若干立たせ気味に

して少し後方へのスペースを確保して

運転したのですが、

それでも窮屈感は否めませんでした。

 

ということで、

ワタクシと同じ背格好以上の

方はこのクルマを輪行用として

選ぶと言うのはちょっと

厳しいかもしれません。

 

※私は身長 176 センチの
中肉中背(と思います)です。

 

2 列シート仕様では

と、ここまでは前回記事でも少し

触れておりますが、回避策もあります。

 

先のマイナーチェンジで

登場した 2 列シート仕様では、

ご覧のように若干後方スペースが

広めに確保できそうです。

 

この画像のように両輪を

つけたままの積載は難しいでしょうが、

これなら良好はドラポジを

とりながらの積載もできそうです。

 

※こちらは実際に試しておりませんので
あくまで推測ですが。。

 

ということで、

これから輪行グルマとして

シエンタの導入を考えている方は、

2 列目シートを選択したほうが

良さそうです。

 

ただし、あくまで推測ですので、

ディーラーさんにて実車確認を

することを強くおすすめいたします。

 

スキー用としても

例えば私のように

冬はスキーも楽しむという場合にも

この 2 列シート仕様を

選んだほうが良いでしょう。

 

従いまして、いざというときの

多人数乗車という使い方は、

できなくなりますので、

そういう用途をお考えの方は

もう少し大きいクルマ

(ノア、ヴォクシー以上)を

ご検討いただいた方が良さそうです。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ