プリウス暴走事故の一要因を分析してみます

今回のエントリーは

私がプリウスを運転していて感じることを

述べてみます。

 

一部では「コンビニ迎撃ミサイル」

なんていう不名誉な愛称を

与えられたこのクルマについて

ちょっと深掘りしてみます。

 

コンビニでの事故多発

先の愛称通り、

コンビニエンスストアでの

暴走事故でのプリウス率が

なんとなく高いなぁと思いますが、

 

日頃、業務でプリウスを運転していて

さもありなんと思える経験が

ありますのでそれを書いてみます。

 

シフトミスをしがち

まず、私が根本的原因と思うのは、

シフトノブです。

 

この画像は先代プリウス(30系)

のものですが現行(50系)でも

形状が若干異なるのみで

操作は同じです。

 

レバーというより

スイッチという操作で、

これまでのクルマとは

異なる方法です。

 

で、このレバーで

やりがちなのが、

D と R を操作ミス。

 

特に急いでいる時に

D に入れようというつもりなのに

R に入っているとか

ときどきやります。

 

個体差

もう一つがレバーの操作感が

個体によってことなること。

 

例えばA というプリウスでは

シフト操作が行える

力加減で B というプリウスに

乗ってみるとシフトが

うまく変わってくれない。

 

ということを度々経験しています。

 

あと、業務(レンタカー)で出くわしたのが、

シフトの動きが重い個体。

 

お客さんがレバー部にドリンクなどを

こぼしたのでしょうか、

動きが渋く、思ったとおりに

シフト操作ができません。

 

私は経験してませんが、

これによってシフトミスが

生じる可能性も否定はできません。

 

これって構造的に欠陥ではないでしょうか。

 

改善策

問題点を指摘したところで、

では改善策は、といいますと、

簡単ですが、従来型の

シフトレバーに変えること。

 

これに尽きると思います。

例えば同じハイブリッドでも

従来車と同じ形状のシフトレバーを持つ

アクアやヴィッツハイブリッドなどは

シフトミスをする可能性が

低くなると考えます。

 

これは特に従来車からハイブリッド車に

乗り継いだ人、

あるいは従来車と

ハイブリッド車を

両方所有している人に

とっては結構有用な気がしています。

 

トヨタのお偉い様へ

ということで、

あくまで一ユーザーに近い

私の所感を述べてみましたが、

日々、業務で運転をしている

私なので突拍子もないことを

言っているつもりもありません。

 

もし、トヨタのお偉い様が

ご覧になっていましたら、

シフトレバー形状の見直しを

ご検討いただけると幸いです。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ