タイムズカープラスでデミオ(カーシェア試乗記)

カーシェア試乗記です。

 

前回の CX-5 で味をしめての

マツダ車第二弾。

タイムズカープラスでCX-5(カーシェア試乗)

今回、試乗したのは……

デミオ

コンパクトモデルです。

試乗したのは業務終了後の

夜間ですが、

お姿だけ朝のうちに

撮影しておきました。

このクルマがあるのは

三郷駅北口ステーション

 

グレードは 13S と思われます。

1.3L ガソリンエンジン搭載の

6 速 AT モデルです。

 

※デミオは 2018 年 8 月の

マイナーチェンジでエンジンが

1.5L にアップしていますが、

このモデルはその前期型。

 

外観

鼓動デザインです。

CX-5 同様にうまくまとまってます。

フロントのでっかいグリルが……

 

内装

夜間撮影なので枚数少なめです。。

 

こちらは一応最新モデルとあって

質感はかなりアップしてます。

 

コンパクトモデルこの質感、

いつも乗っている T 車のそれが

とてもお粗末に感じます。

 

センターコンソールはこんな感じ。

低グレードなので

エアコンはマニュアルですが、

操作感はとても良好。

 

シフトノブの高い剛性感、

程よい長さのストロークが

特に好印象です。

 

乗り味

では試乗。

CX-5 と共通する乗り味で

硬めですが足がしっかり

動いている印象です。

悪くありません。

 

エンジンが 1.3L のためか、

軽快感は若干控えめ。

ですが必要十分のパワーです。

 

ドライブモードをパワーに

すると高回転まで回るエンジンは

なかなかに気持ちいいです。

 

アクセル、ステアリングも

剛性感が高く操作しただけ

動いてくれるという印象。

 

実はこれがうまくできない

コンパクトカーが多いです。

 

例えば某 T 社のコンパクトな

あのクルマ(あえて特定しません)

などはこれらが全てダルダルです。

 

マツダが標榜する「人馬一体」が

エントリーモデルであるデミオでも

しっかり具現化されているのが

マツダのすごいところです。

 

静粛性

一クラス上のクルマに

乗っていると感じる高さ。

エンジン音が程よく室内に

入ってきます。

 

居住性良好

マツダ車共通と思えますが、

このクルマのシートの

座り心地は良いですね。

 

程よいホールド感を

持ちながら乗り降りも

それほど苦になりません。

 

そして、ステアリング、

ペダル類、シートの位置関係が

とても良いです。

 

ドラポジがサクッと決まります。

思わず長距離のドライブに

でかけたくなりますね。

 

巧みな制御

6 速の電子制御 AT は

巧みな変速を見せます。

 

1.3L エンジンですが、

非力さを感じさせない、

絶妙のタイミングで

シフトアップし、

小気味良い加速を

見せてくれます。

 

ドライバーズカー

このクルマは

例えば交差点を曲がるとき、

ちょっとタイトなコーナーを

曲がるときなど、

普段走る道路でも十分に

楽しさを感じさせてくれるクルマです。

 

このほどのマイナーチェンジで

エンジン排気量が1.5L にアップ

しましたが、動力性能と実用燃費は向上、

価格はほぼ据え置きという

魅力度向上に力を惜しまない

マツダの心意気を垣間見ることが

できた今回の試乗でした。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ