レジャーを軸とした地方でのカーシェア活用法

カーシェアの活用法について。

顧客側ではなく運営側の視点で

書いてみます(素人ですけど)。

カーシェアを地方に

現在、カーシェアがじわじわと

普及している実感はありますが、

それはほとんど大都市とその周辺部に

限られています。

 

で、今後目を向けていくべきは

「地方」と考えます。

 

ここで私の趣味である

スキーと結びつけた活用法を

ご提案してみます。

 

猪苗代の事例

かつて猪苗代駅には

「駅レンタカー」がありましたが、

2017 年 11 月をもって廃止となりました。

 

その後、格安の某レンタカー

オープンしましたが、

駅から距離があることに、

加え、正直信頼性に

難ありと踏んでいます。

 

※一応駅からの送迎サービスも

行っているようです。

 

現状での選択肢は、JR で猪苗代に

来た場合は路線バス・タクシーや

観光施設の送迎車を

利用することになります。

 

福島県でも代表的な観光地と言える

磐梯高原(裏磐梯)などは

猪苗代駅が拠点となりますが

少し距離があるため、

効率よく回るためには

レンタカーは不可欠だと思います。

 

カーシェアの導入を

ここで解決策として考えうるのが

カーシェアリング。

 

レンタカーは営業所が

必要となり、

運営するためには係員の

常駐が必要です。

 

係員を常駐させることなく

クルマの貸渡が可能になりますから、

運営コストはレンタカーに

比べてかなり低く抑えることが

できそうです。

 

しかも、猪苗代駅は

委託化されたとはいえ、

駅係員がいますし、

駅ロータリーには

観光協会の窓口もあります。

 

夜は別として、

完全に無人というわけでは

ありませんからクルマの

管理も比較的容易と思われます。

 

また、そもそもレンタカー

営業所もありましたし、

廃止されたバスセンターの

建物の敷地なども活用すれば

土地は十分に確保できます。

 

季節限定営業にも

上記の猪苗代では、四季を通じて

観光客が訪れるため年間で

需要はありそうですが、

例えばスキー場を近くに擁する駅などでは

冬季のみステーション設置するなど

柔軟な対応も容易です。

 

これも設備が少なくてすむ

カーシェアリングシステムの

大きな利点だと思います。

 

撤退も容易

そして悲しい話ですが、

不採算で撤退となったとしても

その費用もレンタカーに比べれば

遥かに低廉となるはずです。

 

地方に目を向けましょう

ワタクシの狭い視野では

地方のレジャー産業に紐付ける形での

カーシェアという考え方しか

ありませんが、高齢化の進行が早いと

される地方ではさらに別の使い方も

出てくるかもしれません。

 

ということで、

カーシェア運営会社の皆様、

地方に目を向けて向けてみると

お宝は意外なところに眠って

いるかもしれません。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ