西武鉄道の新型特急「Laview」が来春登場!

本日は鉄ネタです。

 

2016 年のニュースリリース(pdf)

発表となった西武鉄道の

新型特急電車がこのほど完成し、

お披露目されたそうです。

その名前は

形式名は「001系」で

愛称は「Laview(ラビュー)」。

 

この愛称には、

  • 「L」 贅沢(Luxury)なリビング(Living)のような空間
  • 「a」 矢(arrow)のような速達性
  • 「view」 大きな窓から移りゆく眺望

という想いが込められているとのこと。

 

「arrow」は現行特急の

「レッドアロー」の想いを

繋ぐものとも言えるでしょう。

 

丸い!

なんといっても特徴となるのは

その前面形状です。

ご覧の通り丸みを帯びています。

昨今のトレンドのさらに先を行く

スタイリングです。

 

正直、私は……という感想ですが、

見慣れてくるとかっこよく見えるのかも。

 

いずれにせよ、チャレンジングな

デザインだと思います。

 

ところで、前面をよく見ると

貫通扉を備えているように見えますね。

 

ややもすると、将来的には地下鉄(からの東横線)

乗り入れなんてことが実現したりして……

 

そして、サイドビュー。

窓のサイズがかなり大きく、

特に天地方向の開けているのが

特徴ですね。


スポンサードリンク

車内も……

乗客にとっては

かなりの開放感となりそうです。

その反面、車外からの

人の目にさらされるわけで、

 

それについては、

肘掛けの下がそのままカバーとなっていて

しっかりと配慮されていることが

伺えます。

 

気合入ってます

ここまで見て個人的感想。

西武鉄道はこの車両に相当の

力を入れて開発してきたようです。

 

車内外の様子と一目見ても

分かる通り、他社の車両との

共通点がほぼ見当たりません。

 

現行の「New レッドアロー」は

車体こそ新しく作ったものの

足回りについては廃車となった

在来車のものを流用し

(故に静粛性はイマイチ)、

車内の雰囲気もいかにも

ビジネス特急然としていますね。

 

また、通勤型などでは

会社を超えて汎用性のある

車両が増えてきている昨今、

ここまでオリジナルの

車両を仕上げてきたことは

とても素晴らしいと思います。

 

こうなると、近々に登場予定と

される対する東武鉄道の

フラッグシップ特急車両も

相当の力を入れないとなりませんね。

 

東武さん、期待してますよ。

 

特設サイト開設(予定)

なお「Laview」については

今後、特設 Web サイトで紹介していくようです

(公開は 2018 年 11 月 13 日 10:00 ~を予定)。

 

そして実際に乗ることができるのは

2018 年 3 月。

西武池袋・秩父線の特急として

運行されるとのこと。

 

もうちょっとの辛抱です。。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ