カーエアコン内気循環のままでは危険!

本日のネタはカーエアコンの

使い方について。

 

あなたももしかすると

眠気を誘発する

危険な使い方をしているかも。

内気循環と二酸化炭素濃度

まずはこちらのまとめ記事より。

 

要約すると、

カーエアコンを内気循環の

まま使い続けると

車内の二酸化炭素濃度が

10 分ほどで集中力が低下や

眠気を誘発するレベル(2,000ppm)に

まで増加する

とのこと。

 

要は内気循環を続けることで、

居眠り運転をしてしまう

可能性が増大する

ということです。

 

この 10 分という値は

大人 4 人乗車でクルマの種類は

明らかになっていません。

 

クルマの広さ、乗車人数によって

増加率は異なるでしょうが、

二酸化炭素濃度はどんどん

高くなるのは間違いないでしょう。

 

さらにそこから 30 分経過すると

時間次第では健康被害を

誘発するレベル(5,000ppm)に

まで達するとのこと。

 

この事実を知り、

ちょっと恐ろしくなりました。

 

ご参考までに

各環境の二酸化炭素濃度は、

通常の大気:400ppm

換気する室内:1,000ppm

ということです。

 

マニュアルエアコン

ということで、

注意していただきたいのが

お車のエアコンがマニュアル式の方。

 

外気導入と内気循環の切り替えは

固定式になっています。

内気のままで乗っている人

結構いらっしゃるのでは?

 

私も仕事柄、マニュアルエアコンの

クルマを運転することが

多いのですが、結構な頻度で

「内気循環」モードに

なっているクルマに出くわします。

 

確かにトンネル内や

トラック直後の走行など

車内の空気が汚れるときは

しょうがないとは思いますが、

できるだけ外気導入モードで

走る方が良いでしょう。

 

※オートエアコン装着車は

外気・内気の切り替えを

自動で行うものがありますが、

クルマによっては

内気循環で作動する時間が長い

ものがあったりしますので、

時々チェックすることを

おすすめします。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ