スバルネタです。
本日のリリースより
お届けします。

熟成の E 型へ

スバルの屋台骨を支える「フォレスター」が
間もなく年次改良を迎えます。

内容については小変更にとどまるようです。

ボディカラー変更

ダークブルー・パールが廃止され、
代わりにサファイアブルー・パールが設定されます。

ライトスイッチ変更

新たに「TAIL/AUTO」ポジションが追加されます。

「TAIL」モードとは車幅灯・尾灯の点灯状態。
これまでの操作では OFF 側へ短押しすることで
このモードに入っていましたが
(全消灯の「OFF」には長押し)、
変更後は「TAIL」モードにするには
「TAIL/AUTO」の位置にします。

全消灯とするには「OFF」へ短押し
するようになりました。

価格改定

原材料高等を吸収するための
値上げです。
その額、D型比で 5 万円程度となるようです。

STI Sport

そして、目玉はこれ。

いよいよフォレスターにも
「STI Sport」が誕生します。

リリースの文言を借りますと、

今回の改良では、 SUVでありながらも、よりスポーティで
質の高い走りを求めるお客様のニーズに応える「STI Sport」を
新たに追加しました。
STI チューニングによる専用ダンパーを装備することで、
重心の高いSUVでありながら、 スポーツセダンのような
ハンドリングと上質な乗り心地を実現。
また、エクステリアでは、艶のあるブラックパーツをあしらい、
STI Sportの「上質さとスポーティさ」を表現。
インテリアでは、熟成された深みのある
ボルドー×ナッパレザー素材に包まれる「上質な空間」を
演出しています。

とのこと。

専用装備

もうちょっと詳細を。

主な標準装備は、

  • STIオーナメント(フロント、リヤ)
  • ブラック塗装加飾付サイドクラッディング
  • 18インチアルミホイール(スーパーブラックハイラスター塗装)
  • STI Sport 用マルチインフォメーションディスプレイ付メーター
  • ブラックラスト塗装&ボルドー表皮巻センタートレイ加飾(レッドステッチ)
  • STI チューニング 日立Astemo製SFRDフロントダンパー&STIチューニング リヤダンパー
  • ブラックカラードドアミラー
  • 本革巻ステアリングホイール(レッドステッチ、ブラックラスト加飾付、高触感革)
  • ブラックラスト加飾付本革巻セレクトレバー
  • ピアノブラック調シフトパネル(ブラックラスト加飾)
  • シャークフィンアンテナ(ブラック塗装)
  • ボルドー表皮巻インパネ加飾パネル(レッドステッチ)
  • ブラックルーフ&ピラートリム
  • ブラック塗装加飾付フロントフォグランプカバー
  • ブラック塗装加飾付バンパーガード(フロント、リヤ)
  • リヤガーニッシュ(ブラック塗装)
  • FORESTER&シンメトリカルAWDリヤオーナメント(ラスターブラック)
  • ルーフスポイラー(ブラック塗装)

特筆は専用の足回りチューニングですね。

重心が高くなりがちな SUV ながら
どのような乗り味になるのか注目です。

CB18 搭載……

「STI Sport」を含め E型については
本日(2022年6月27日)から予約受注は
開始されたようですが、
詳細を見ていて気になったこと。

「STI Sport」の搭載エンジンは CB18。

先日のリコールについては
当然クリアされての販売となるでしょうが、
「今夏発表予定」となっており、
具体的な販売時期が明示されていません。

昨今の生産事情も絡めて
遅れる可能性は否定できませんね。

新フォレスターについては
今後も注視して行きたいと思います。

したっけ。