自転車の逆走はダメ!絶対!

本日は私もクルマの運転中などに

時々ヒヤッとすることがある

自転車の逆走行為について。

自転車の逆走にはらむ危険

まずはこちらの動画をご覧ください。

 

時間の無い方のために

概要を説明しますと、

左側の狭い道路から一時不停止で

優先道路に入ってきた自転車が、

道路の右側を走り続け(途中で信号無視)、

対向の自転車を避けるために

側溝に落ちるという動画です。

 

まず左右を確認をそのままに

優先道路に無停車で入る、

その後逆走、さらには信号無視。

 

なんともひどい運転です。

 

ちなみに、

動画共有サイト Youtube

「自転車 逆走」と検索してみると

こういう動画が沢山ヒットします。

 

3 つの違反行為

さて冒頭の動画に戻ります。

 

この自転車乗りは

道交法上での定められた 14 の違反の内、

  • 信号無視
  • 通行区分違反(逆走)
  • 定場所一時不停止違反

という 3 つに該当しています。

 

この動画の結末では

違反者本人が「自爆」するわけで、

痛い思いをするのは本人なわけですが、

もし、ここで側溝に落ちるのが

対向の自転車で、

しかも怪我を負い、

自転車を破損してしまったら。

 

と考えると、

3 つの違反だけではなくて、

さらに罪状は重くなり、

相手に怪我をさせたこと、

自転車を破損させたことで

損害賠償請求も発生します。

 

最近は自転車対歩行者事故の

損害賠償額は増加の一途を

たどっているようです。


スポンサードリンク

ルールは自分を守るもの

ここで重要なことを言っておきます。

交通ルールとは

安全・円滑な交通を実現するために

定められたものです。

 

が、ひいては

これは道路を利用する

「自分を守るために必要なもの」

でもあるわけです。

 

それが冒頭の動画を

見ていただいても

おわかりになるかと思います。

 

もしあなたのそばに

ルールを知らないとか

軽視して自転車に乗る方が

いらっしゃれば、

この動画を見せてあげてください。

 

自転車で不幸にならないために

自転車は便利で、

免許も不要で気軽に乗れる乗り物です。

 

ですが、一旦またがってしまえば

「車両」扱いとなり

交通ルールで縛られることになる。

 

ということを

肝に銘じて乗るようにしてくださいね。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ