レクサスで横浜ドライブ 人とくるまのテクノロジー展2018横浜

本日はちょっと遠出。

横浜まで出かけてまいりました。

わざわざ出かけるのには

理由がございまして。。。

自動車技術展

その目的は

人とくるまのテクノロジー展 2018 横浜」。

 

「テクノロジー」と謳っているように

基本的には技術、

部品、素材などが主な展示内容ですが、

その中に「最新自動車試乗」

というプログラムがありまして。

 

このイベントを知ったのは

昨日の夜でしたが、

事前登録不要で無料ということ

でしたので行ってみた次第です。

 

パシフィコ横浜

会場はみなとみらい地区にある

コンベンションセンター。

 

過去に公私含めて何回か

展示会には行っていますが、

ここに来るのは初めてです。

 

鉄道でのアクセスとしては

みなとみらい線のみなとみらい駅が

最寄りですが、交通費の兼ね合いで

JR 根岸線の桜木町駅から

歩いてみました。

 

それなりに距離がありますが、

ランドマークタワー、

クィーンズスクエアなど

見るところが沢山ありますので

飽きることはないですね。

会場に入ると、

一目散に「目的地」に向かいます。

 

試乗は後回し……

展示ホールの外にありました。

会場に着いたのは 12:45 頃。

 

午後の当日受け付け枠の

受付開始はまさにこの時間。

すでに並んでいる人たちで

いっぱいでした……

かかりの方によると、

「早い方は 1 時間前から並んでいる」

そうで……

 

15 時から次の登録受付を

開始するとのことでしたので

これにかけることにしました。

 

展示ブース

ということで展示を見てみます。

正直、ピンとくる

ブースは少ないんですが、

こじんまりと佇んでいた

各自動車メーカーの

ブースを中心に回ってみました。

SUBARU ブース

新型フォレスター推し。

本社ショールームとは違い、

手を触れたり乗ったりはできませんが、

ブラウン内装のモデルが

展示されていました。

 

今度こそ試乗

さて、ほどなく 14 時近くになったので

再び試乗会場へ。

 

既に何人か並んでいます。

試乗車ラインナップはこんな感じ。

先に並んだ皆さんのお目当ては

HONDANSX だったようです。

 

私も悩んだのですが、

NSX は係員の運転による

同乗試乗だったので

自分が運転できるクルマで

一番高い……ということで

LEXUS LS500h にしました。


スポンサードリンク

LEXUS のフラッグシップ!

1 時間強待ちまして、

いよいよ試乗タイム。

しばしの「相棒」はこちら。

F SPORTS というスポーティ仕様で

お値段は 13,100,000 円です。。

ドキドキしながら乗り込みます。

内装はこんな感じ。

スイッチ類が多くてよくわかりません。。

後席はこんな感じ(前席取り忘れ……)。

 

極上体験……?

試乗コースは会場周辺の

4km ちょっと。

賞味の試乗時間は 10 分ちょっと

だったと思います。

 

非常にささやかな時間です……

最高速度は 50km/h。

ほとんど街なかなので

3.5L エンジン+

マルチステージハイブリッドの

実力はほとんど試す

ことができませんでした。

 

この試乗だけでは

1,000 万円超の

クルマか……という

実感はあまり湧きません。

 

とは言え、

とにかくも高い静粛性と

前後異サイズの 19 インチ

タイヤを履くにもかかわらずの

乗り心地の良さには

驚嘆させられました。

 

かくしてあっという間の

試乗は終わり。

なかなか味わえない

貴重な経験ができました。

 

試乗攻略法

最後に明日(2018/05/25)

お越しになる方へ参考情報。

 

当日受付で試乗会に

参加される方は

1 時間前に行けば、

間違いなく試乗は可能と思われます。

 

30 分くらい遅れても

何らかのクルマには乗れるはずです。

 

ちなみに、HONDA N-BOX は

あまり人気がなかったようです。。

 

※明日最終日は
15 時からの受付はありません。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ