スバル アイサイトが進化!(Ver.3 → ???)

次世代アイサイトの公式サイト

動画がアップされました。

 

新世代のアイサイトには

「ツーリングアシスト」

という呼称がつくようになるそうで、

これまでの Ver.… というくくりでは

なくなるようです。

 

また、公式サイト以外にも

試乗動画がいくつかアップされていますが、

それを見てみるとステアリングアシストの

速度域拡大はもちろんのこと、

基本的な動作についても

その制御の改善が入っているようです。

 

例えば、加減速のレスポンスが向上したり、

前車追随時、完全停止後 3 秒以内の再発進は

操作が不要になったり…などなど。

 

※これまでは一旦停止してしまうと、

再発進するためにはその都度復帰操作

(スイッチ or アクセル)が必要でした。

 

また、先行車発進のお知らせが

女性の声によるものに変わったことなど、

いくつかの細かい変更点も見られます。

 

さておき、

目玉はやはりステアリングアシストの

速度域拡大でしょう。

 

そして、ステアリング制御の

際に要素として先行車の位置も

認識するようになりました。

 

では改良点を含めて、

動作の内容を説明すると、

以下のようになります。

 

まず、稼働速度が 0 ~ 120km/h

になりました(従来型は 60 ~ 100km/h)。

 

また、ステアリングアシストは

以下のように状況に応じて

制御を変えてきます。

 

前車に追随して走っていて、

車線が認識できているときは、

車線の中央を維持するように

制御してくれます(60km/h 以下)。

 

この時、車線(70 %)、前車(30 %)

という 2 要素(割合)によって

ステアリングを行います。

 

すなわち、この状況では

車線内で前車が蛇行したり場合

多少左右に引っ張られることに

なりますが、車線内に維持します。

 

なお、この制御は

左右どちらか一本の車線を

認識している状態でも働くそうです。

 

車線が認識できなくなった時は、

前の車に追随してステアリング制御

してくれるとのことです(40km/h 以下)。

 

また前車がなく、車線を

認識できている場合はこれまで通り

車線中央を維持しますが、

今回は以前モデルよりも急なカーブでも

キャンセルされずに制御が

入るようになったとのことです。

 

例えば、40km/h では R80 まで、

100km/h では R400 位までは

制御してくれるとのこと。

 

※ R80 とは半径 80m のカーブの事で、
この数値が小さいほど急なカーブです。

 

以上、つたない文章で説明してみました。

 

これは発売が楽しみであります。

ただ、これの機能を試乗で

試すということはなかなか難しそうです。

 

なので、しばらくは

以下の動画で楽しむこととします。

私の説明で「???」な方もこの動画を

是非チェックしてみてください。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

One Response to “スバル アイサイトが進化!(Ver.3 → ???)”

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ