SUBARU WRX STI 大幅改良!

本日のSUBARU のニュースリリースより。

 

SUBARU WRX STI の

マイナーチェンジモデルが

本日発表されました。

 

その主な変更点は以下の通り。

  • 新電子制御マルチモード DCCD の採用
  • 新開発 brembo 製 18 インチベンチレーテッドディスクブレーキ
  • 新開発 19 インチアルミホイール&タイヤの採用
  • サスペンション 設定の最適化等
  • ステアリング連動ヘッドランプ採用
  • フロントビューモニター採用
  • ルーフキャリアブ ラケット
  • マルチファンクションディスプレイ大型化(5.9 インチ)
  • ディーラー装着オプションに 8 インチナビを設定

 

同時にエクステリア、インテリアの

見た目にもかなりの変更が

加えられているようです。

全ては走りに特化した WRX のための

変更と言えるでしょう。

 

その一方で、一部安全性や実用性を

向上させる改良が施されているのも

「これはファミリーカーだぞ!」と

合弁できるだけの理由付けに

なっているかもしれませんね(笑)

 

ワタクシ的に気になる部分は

間もなく(7 月?)発表になるであろう

レヴォーグとの共通の変更点。

 

MFD、ナビ画面の大型化などは

レヴォーグもそのまま踏襲してくるでしょうね。

 

そして、WRX STI では装着されない

アイサイトがどれだけ進化してくるのか、

というのが個人的には

一番の注目どころだったりします。

 

とかいいつつも、

一番の注目は今年後半に予想される

アウトバックの年改だったり

するのですが…

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ