マイスキーエクスプレス新候補!?「スズキ エスクード」

スキー&クルマの話題です。

クルマナシのままシーズンを迎える

今日このごろ。

 

ちょっと気になるクルマの

情報をキャッチしましたので

ご報告いたします。

スズキ エスクード一部改良

情報は本日発表のこのリリース

 

この度、スズキ エスクードが

一部改良を受け 2018 年 12 月 21 日から

販売されることになりました。

 

安全対策充実

内外装の変更点はネット記事に譲るとして

今回、私が一番注目している変更点は

やはり安全対策の充実。

 

  • 衝突被害軽減ブレーキ
  • ブラインドスポットモニター
    • 後側方の車両の有無を知らせる
  • リヤクロストラフィックアラート
    • 後退時、左右からの接近車両有無を知らせる
  • アダプティブクルーズコントロール(ACC)

が標準装備されます。

 

中でも個人的に魅力だったのは

ACC が全車速対応となったこと。

 

これは国内初採用となるようで、

これまでは時速 40km 以下で

この機能はキャンセルされていました。

 

前車が停止した場合、追従

して停止まで行ってくれますが、

停止保持は 2 秒間のみで、以後は

ブレーキが解除されてしまうようです。

一世代前のスバル EyeSight と

同じ仕様ですね。。

 

モノグレード

装備充実の一方で選択肢は、

ありません。

 

1.6L NA エンジン搭載車は

すでに今年 10 月に廃止となり、

1.4L ターボモデル搭載の

1 グレード構成となっています。

 

ずいぶんスッキリしましたが、

この辺は国外生産※車の

制約をもろに受けてしまって

いるところかもしれまえせん。

 

※「エスクード」は現行モデルから
ハンガリーの現地法人の生産となっています。

 

スキーに快適

コンパクト

このエスクードはそのサイズ感も魅力。

寸法は全長 4,175mm、

全幅 1,775mm で、全高が 1,610mm。

 

車両重量は 1220kg と

かなり軽く押さえられています。

 

4WD システム

ALLGRIP という4WDシステム、は

4モード走行切替機能を

持ち、快適なオンロード走行

雪道の走破性まで

幅広くカバーしてくれる

システムであるようです。

 

エセSUV ではありません

最低地上高も 185mm を確保。

他メーカーにあるような

見た目のみの SUV では

ないことがおわかりいただけるかと。

 

試乗は……

なかなか魅力的このクルマですが、

その性格上、試乗車も少なめ。

しかも今回はマイナーチェンジですから、

この新型がどこに配置されるか

というのはあまり期待できそうに

ありません。

 

今後、ウォッチを続けていき、

試乗車が近所で出てくるようなら

ぜひとも試乗してみたいクルマです。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ