NYSNO-10 を実体験! 雪山でコミュニケーション

先日当ブログでもご紹介した、

SONY 「NYSNO-10」

 

先日訪れた高畑スキー場にて、

無料の体験会が実施されていたので、

参加して最新技術に触れてみることに。

 

レストハウス脇に特設テントがありました。

 

何台か貸出してくれていましたが、

私達がテントを訪ねた時には、

2 台が借りられる状態に。

ということで、

今回同行は 4 人でしたが、

そのうち一人と私が借り受けて、

実際に滑ってみることに。

 

まず装置付きのヘルメットを着けて

会話テスト。

 

ヘルメット全体がスピーカーのように

響くので音は明瞭に聞こえます。

 

左耳付近にセットされた

マイクの集音もしっかりしていて、

通常ボリュームの声で

しっかり会話ができます。

 

では、ゲレンデへ。

 

まず、もう一人と私が

分かれてリフトに乗車。

 

隣には未装着の同行者が

一人ずつ乗車していますが、

隣の人にも音がしっかり聞こえるため、

この状態であれば近隣の人も

会話に参加できます。

 

滑走を始めると、

スキーで雪面を削る音まで

しっかり聞こえてきます。

 

なのに風切り音は

それなりにカットされていて、

この辺にも工夫の後が見て取れます。

 

お次は通話距離テスト。

 

レッドラインとブルーラインに

分乗してみることに。

 

私はレッド、もう一人はブルーへ。

レッド山頂にて

 

レッドラインに乗車してすぐ、

警告音とともに「圏外です」

とのアナウンスが聞こえ通話不能に。

 

 

カタログにある「最長1km」というのは

あくまで見通しのきく所であるようで、

林や稜線などをこえると

とたんに途切れてしまうようです。

 

ということで、

あまり離れたところでは

使えないようですが、

同じコースで滑りながら、

リフトに乗りながらなどの

会話はしっかり楽しめる事がわかりました。

 

試着?を終えて

簡単なアンケートに答えつつ、

気になった点をいくつか担当者さんに

ぶつけてみます。

 

まず、通話距離。

現在はBluetoothを使っているため、

通話距離はこの規格内ということですが、

将来的にはスマホとペアリングし、

LINE に登録することで

LINE 通話での会話ができるように

なる予定とのこと。

 

さらに構想としては

キャリア回線のグループ会話機能を

使う拡張なども検討しているようで、

色々と可能性が広がっているガジェットです。

 

※現状でもスマホ連携で1 対 1 の通常通話は可能。

 

また、もう一つ気になった会話(受話)の

ボリュームについて、前述の通り、

結構な音量で近隣にはダダ漏れ状態なんですが、

こちらについても所謂マナーモードの

ようなものもあるようで、聞かれると困る

音にもある程度対応はできるとのこと。

 

で、私の感想。

 

「欲しい!」

 

です。

 

でひっかかるのはやはりそのお値段。

 

税別で 30,000 円。

 

これは1台の価格で、

機能を考えると妥当だと思うのですが、

私の経済状況ですと現状手が出せません。

 

また、台数は 3,000 の限定と

なっており、私が買えるようになる頃には

残念ながら品切れになっている可能性があります。

 

ということで、

ここで密かにスポンサー募集……(笑)

 

冗談はさておき、

念のため購入方法のおさらいを。

 

現状の取扱は

こちらのサイトのみとなっているようです。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

One Response to “NYSNO-10 を実体験! 雪山でコミュニケーション”

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ