スズキ New スイフトデビュー

スズキ スイフトがモデルチェンジしました。

昨年末に発表、今年の 1 月 4 日から発売との

ことで、近所のスズキディーラーに観に行ってみました。

 

販売店の Web サイトには展示車として

掲載されていましたが、ナンバーが届き次第

試乗車になる模様です。

 

ということで、試乗記事は近いうちに。。

 

まずは外装をチェック。

グレードは HYBRID RS。

ボディカラーはスーパーブラックパール。

 

 

先代に比べると低くワイドになった印象です。

ボディサイズを見ると

全幅は変化なしで全高が低くなっていますので

そう見えたんでしょうね。

さらに全長も若干短くなっているようです。

 

続いて内装チェック。

ちょっと急いでいたので、内装画像は今回

撮影なしです。。(公式サイトで御覧ください

 

全方位モニター付メモリーナビゲーションが

装着されていてセンターに 7 インチの

モニターがあります。

 

このクラスとしては質感は十分。

さすがは欧州戦略車だけあって、

この辺も抜かりはないです。

 

個人的に嬉しいのは

シートヒーターがついていたこと。

4 WDモデルだと助手席にもつくそうです。

そして、

今回は試せませんが大いに気なるところが

安全装備「デュアルセンサーブレーキサポート」。

 

単眼カメラとレーザーレーダーを用いる

自動ブレーキシステムで、

さらにオプションのセーフティパッケージを

装着するとミリ波レーダーを用いる

アダプティブクルーズコントロール(ACC)が付きます。

 

このクラスでこの装備はうれしいですね。

私の知る限り ACC を採用するコンパクトクラスは

マツダ(デミオ)とこのスズキくらいかと。

 

トヨタや日産にもこの辺を

少しは見習って欲しいところですね。

 

最後に少し走行性能について、

この展示車には 1.2Lエンジンと

所謂「マイルドハイブリッド」システムが

搭載されています。

 

RS というこのグレードは

欧州向けに足回りのセッティングを

施した仕様とのこと。

 

私が運転した頃があるのは

先代のノーマルグレードでしたが、

走りはそれなりに良かった記憶が。

 

この RS 、果たしてどんな乗り味を

示すのか試乗が楽しみです。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ