檜枝岐温泉でいいお宿を見つけました

先のエントリーでお伝えしたとおり、

今年の初滑りは会津高原高畑スキー場で

済ませました。

 

本来なら南会津町内でお宿を取るべきで、

従来はそうしていたのですが、

檜枝岐温泉のお湯の良さに惹かれてしまい、

今回もこちらで民宿を手配しました。

 

今回の旅の幹事さんによりますと、

目をつけていたお宿は軒並み満室ということで、

たまたま会いていたお宿を確保したとのこと。

 

ということで、初めてお世話になる

お宿でしたが結論から申し上げるとこれが大正解でした。

 

まず、お宿の内風呂が温泉。

こちらのお湯はアルカリ性単純温泉。

 

さらに公共の温泉「燧(ひうち)の湯」まで

徒歩数分とほど近い上、お宿の

法人券を貸し出してもらえて

無料で入れるという特典も付いてきます。

 

こちらの「燧の湯」は単純硫黄泉。

ということは一つのお宿にいながらにして

2 種類のお湯が楽しめるということです。

 

しかも、「燧の湯」は冬期間は

午前 6 時から営業しており

朝風呂も楽しめます。

 

私は二日間とも

朝風呂をいただきましたが、

両日一番風呂でした。

(露天風呂は12時から)。

 

そして魅力はそれだけではなく、

最近館内をリニューアルされたそうで、

トイレ、洗面所等、随所が快適に

使いやすくなっています。

さらに重要なのがお食事。

この檜枝岐界隈のお宿は

得てして食事が充実しているのですが、

こちらのそのご多分に漏れず

多彩で美味しい食事でした。

これは一日目の夕食。

 

それぞれ美味しい品々ですが、

私が感動したのはこれ。

舞茸ごはんです。

 

これを供するお宿も無数にありますが、

ここの舞茸ご飯はこれまで食べた中で

一番美味しいと思います。

 

しかも、連泊の場合二日目は出なかったり

するのですが、ここではしっかり二日間、

しかも翌日の朝ごはんにも用意されていたので、

結局 4 食に渡って味わうことができました。

 

ということで、

本当のところはあまり他の人には

教えたくないのでブログに書く情報としては

ここまでにとどめておきたいと思います。

 

どうしても知りたいという方は、

個人的にお問い合わせお願いします。(笑)

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ