志賀高原周辺観光(鉄分高め)

前日のうちに八方から奥志賀に戻り、

今日は 3 日目のフリー。

スキーはお休みして周辺を巡ってみることに。

 

まずは志賀高原の登り口にある上林温泉へ。

最近話題のスポット地獄谷野猿公苑を見学。

駐車場からお猿さんスポットまでは 2km 弱の距離を歩く必要があります

(夏はもう少し近くまでクルマで上がれるようです)。

DSC07063_R

駐車場から数百メートル歩くと遊歩道入口があります。

DSC07095_R

こんな雰囲気の道を延々と歩きます。

 

視界が開けるとこんな景色が。

DSC07065_R

奥に見える建物は「地獄谷温泉後楽館」です。

更に奥に進むと受付の事務所があり、

ここで入園料 500 円を支払います。

 

建物を通り過ぎるといきなり沢山のお猿さん登場。

DSC07074_R

人が近づいても平気なようです。

そしてメインの温泉には人だかり。

DSC07069_R

 

DSC07072_R

みなさん、気持ちよさそうです

(見ているこっちは寒いです…)。

かわいいお猿さんの姿にしばし癒され、

同じ道を引き返します。

 

後楽館のそばには地獄谷噴泉がありました。

DSC07092_R

98 ℃の温泉が絶えず噴き出しているそうです。

 

この日は平日だったためか外国人が多く、

すれ違う人のうち日本人は 2 割くらいでした。

ここから「鉄」モード。

そこから少しクルマを走らせて湯田中へ。

湯田中駅で停車中の特急「ゆけむり」を撮影。

DSC07096_R

元小田急ロマンスカー

長野電鉄の特急は現在、

この車両と元 JR 成田エクプレスの車両が活躍しています。

 

ここからは飯山方面へ。

ちょうどお昼どきだったので中野市内の「ふじ広

(リンク先は食べログ)でランチ。

DSC07098_R

 

次の訪問は旧木島駅。

DSC07100_R

2002 年 4 月 1 日に廃止された長野電鉄河東線の終点です。

駅舎は廃止当時のまま、残されており、

駅舎内もそのまま。

ただし、ホームへ扉は閉鎖されており、

出られないようになっていました。

DSC07101_R

DSC07102_R

DSC07103_R

現在も駅舎はそのまま長電バスの営業所として使われており、

駅前ロータリーはバスターミナルとなっています。

 

ところでこの路線、正式名称は河東線(屋代~木島)が

正式名称でしたが、信州中野からこの駅までの区間は

木島線という愛称で呼ばれていたようです。

 

木島駅を後にして、河東線の名前の由来となる千曲川を

西側へ渡り、飯山市の中心地へ。

次なる目的地は新生なった飯山駅。

DSC07105_R

北陸新幹線開業に先立って、2014 年 11 月に

飯山線のホームも約 300m 移動してきました。

 

駅舎内には観光案内所、無料休憩スペース、

キオスクなどがありました。

DSC07108_R

飯山線改札

DSC07109_R

新幹線改札はまだ閉鎖中

DSC07107_R

新幹線開業まで 2 ヶ月足らず。

この日も新幹線ホームからは試運転中と

思われる列車の走行音が聞こえていました。

 

3 月開業ですとまだ雪はありますから、

機会(とお金)があれば今シーズン中に

北陸新幹線で野沢温泉スキー!

とかやってみたいですね。

 

かくして一日の観光は終了。

ここの所、スキーにずっぽりだったので、

いい心境変化になりました。

 

したっけ。

 

 

 

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ