福島の地場産「コーヒー牛乳」飲み比べ

先日の猪苗代スキーでは、

久しぶりに「酪王カフェオレ」に出会えたわけですが、

地元のお友達におすすめされたので、

「べこの乳発 コーヒー特急。」を

合わせて購入し、飲み比べてみることにしました。

 

まずはパッケージを並べて。

 

お次はグラスに注いで色見チェック。

 

ではまずは 2 品の解説。

 

酪王カフェオレ

郡山市にある酪王乳業株式会社が作っています。

生乳50%以上使用でコーヒー感を

加えつつ甘さを強調している印象。

 

コーヒー特急。

こちらの生産は会津坂下(あいづばんげ)町。

酪王乳業が関東(宇都宮)にも営業所を

展開しているのに比べるとこちらは

地域色が強いです。

 

生乳85%以上使用しており、

甘さは控えめ、牛乳感が強いです。

見た目にも色が薄いですね。

 

では飲み比べてみます。

酪王カフェオレはほどよく甘く、

コーヒーの香りもちょっと顔出します。

飲みなれたせいか絶妙な

バランスだと思います。

 

そして、コーヒー特急。

牛乳が前面に出る感じ。

コーヒー感は乏しいですね。

牛乳好きにはこちらがいいのかも。

 

最後にお値段はといいますと、

含まれる生乳が多いほど値段が

高くなるようで、

酪王>べこの乳

となっています。

で、結論として、個人的には、

酪王カフェオレの方が好みですかね。

舌がおこちゃまの私は甘い方が合うようで…

 

ただ、実際はどちらも甲乙つけ難く、

たとえば甘いもののお供などでは

コーヒー特急。の方が合いそうな気がします。

 

ということで、

今後は TPO に応じて

双方を味わっていきたいと思います。

 

ちなみに酪王カフェオレには

生乳を40%以上とした「ハイ・カフェオレ」や

最近ラインナップに加わったカフェインレスの

「やさしいカフェオレ」という商品もあります。

 

またこの「酪王カフェオレ」は

今年で生誕40周年。

 

それを記念して、

今年の5月には「ソフトクリーム」が、

11月には「アイスクリーム」が

それぞれ発売になっています。

 

「ソフトクリーム」が味わえるのは

東北自動車道の安達太良サービスエリア(下り)と

国道 4 号にある道の駅安達(上り)のみ。

 

自宅でもこの味をとして誕生した

「アイスクリーム」は福島県内の道の駅、

スーパーなどで販売されているようですが、

発売から品薄状態が続いているようで

入手は困難なようです。

 

実際に猪苗代のスーパー、道の駅では

見つけることができませんでした。

 

アイスが食べたい今日このごろですが、

私の口に入るまでには

まだ時間がかかりそうですね。。。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ