高崎駅弁といえば、、の定番「だるま弁当」を味わう

少し遅くなりましたが、先日の青春 18 きっぷツアー

買ってきた「だるま弁当」を食べた時の感想を書いておきます。

 

まず、「だるま弁当」と言えば、

ちょっと駅弁をかじった?方ならご存知のはずの、

高崎駅の名物駅弁です。

 

駅構内の駅弁コーナーで販売されていますが、

改札外にもお店がありこちらでも入手可能です。

 

製造しているのは「たかべん」こと「高崎弁当株式会社」

明治 17 年創業の老舗です。

だるま弁当に他に「鶏めし弁当(900 円)」という

定番弁当もあり実は私こっちのほうが好きだったりします。

 

では「だるま弁当」に話題を戻しまして。。

 

その外観は、

DSC09686_R

ビニールの包装を開けると、

ご覧のとおりだるまの形をしたプラスティックケース。

この容器も発売当初は瀬戸物製だったそうです。

 

その容器を再現した「復古だるま弁当」なるものが

数量限定で販売されているようです(1,500 円)。

 

口に穴が開いており、食後は貯金箱として

利用できるようになっています。

では、フタを開けてみましょう。

DSC09687_R

山菜、たけのこ、しいたけなどの山の幸の煮物が

たっぷりとのせられ、それらの下には程良く味付け

された茶飯がしいてあります。

 

山の幸群はしっかり味が染みており、

駅弁特有の「冷めても美味しい」をしっかり

具現しています。したの茶飯もしかりです。

 

特にこんにゃくには予想以上に味が染みており、

これが抜群に美味しいんです。

 

非常の満足感の高いこのお弁当、お値段は 1,000 円。

 

普段はなかなか払えない価格ですが、

旅先でのちょっと贅沢と考えれば

ちょうど良いお値段かと思います。

 

したっけ。

 

※価格は全て税込みです。


たかべん弁当 / 高崎駅(JR)高崎駅(上信)

夜総合点★★★★ 4.0

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ