トヨタ タウンエースマイナーチェンジとライトエース消滅

本日のトヨタのリリースより。

トヨタのビジネスモデルとして

ラインナップされてきた

タウンエース(リンク先はバンモデル)」がこの程

マイナーチェンジを受けました。


スポンサードリンク

タウンエース

「タウンエース」は、

そもそもは「カローラ」のコンポーネンツを

使用した商・乗用モデルとして誕生しました。


以後、色々ありまして、

四代目となる現行モデルでは

商用モデルのみのラインナップとなり、

乗用系の実質後継となるのは

ノアになっています。

エンジン換装

環境対応のため、

エンジンが 3SZ-VE から

2NR-VE へ変更となりました。


どちらも 1.5L ですが、

新しい 2NR-VE の方が、

パワー・トルクとも少し控えめに

なっています。

運転支援系

安全化向上策として

衝突警報・衝突回避支援ブレーキ機能

などを備えた「スマートアシスト」が

搭載されることになりました

(AT 車のみ)。

ライトエース消滅

そしてこのタイミングで

タウンエースの兄弟車であった

ライトエースは消滅することに。


そもそもはタウンエースの弟分として、

専用ボディを持っていましたが、

晩年は共用化、

最終モデルでの差異は

バッジのみという状態でした。

ダイハツ版も

ところで、「タウンエース」は

当初からダイハツの手による生産で

本家の方にも「デルタ」という

名前で販売されていましたが、

ダイハツ版はその後、

「グランマックス」に名称を変え、

生産国であるインドネシアのみでの

販売とされてきました。


それが、このタイミングで

国内でも販売が開始(2020 年 9 月)

されることが発表となりました。


これまで国内では OEM 供給先の

トヨタブランドのみ販売という

ネジレ現象とも言える状態が

続いていましたが、これが

解消することになります。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ