あの興奮を日本で!ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

今年も行ってまいりました。

ツール・ド・フランスを駈けた強豪達が、

さいたまの市街地で勝負を繰り広げるこのレース。

 

今年は 3 回目の開催。

私は初回から見に来ています。

年々お客さんは増えてきているようで、嬉しい限り。

 

会場運営などもスムーズになっていて、

初回に比べてストレスを感じる事が少なくなっています。

 

私も 3 回目で要領を得てきてまして、

今回の目的はあくまでメインレース。

 

ということで、余裕をぶちかまして、

自宅をゆっくり出てしまったせいで、

会場についた頃にはレースは既に始まって

しまっていたという失態を…

 

…それでも焦らずに、

まずは、コクーンそばのコーナーでしばし観戦。

動画をスマホで撮ってみました。

見たところ、新城、別府の日本人 2 人が逃げ集団にいますね。

 

ナマの雰囲気をさらっと味わった後は、

サイクルフェスタ会場に移動します。

IMAG2538_R

出展しているお店を冷やかして、

お昼ごはんを食べていなかったので、

会場のお店でいくつか食べ物を購入。

IMAG2542_R

飲みかけ食べかけですいません…

 

この間レースそっちのけだったのですが、

こんな状態でしばらく淡々と進んでいた様子。

と言うか、この後も食べるのに夢中になってまして、

レースはあまり集中してみてなかったのですが、

 

で、

盛り上がってきたのはやはり終盤から。

逃げ集団に我らが新城、別府の

両日本人が残っているではありませんか。

IMAG2544_R

そこからフィニッシュに向けて、

ガンガンにレースも会場もヒートアップ!

 

そして、最後のスプリント勝負を制したのは、デゲンコルブ。

そして、2 位にはスプリントを得意とする別府。

3 位にはツール・ド・フランス覇者のフルーム。

 

強豪を相手に 2 位に食い込む別府の実力は

本当に大したものだと思います。

 

そして、新城も 6 位入賞で敢闘賞。

この 2 人に会場は大いに盛り上がり、

パブリックビューイング会場も歓声が

湧き上がっていました。

 

同行した相方様も初めての生レースで

その醍醐味を大いに感じていただけたようです。

この興奮を来年もこの会場で是非味わいたいと思います。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ