向かい風の手賀沼と中華ランチ ライド日誌 No.017

今日は風が強いかな?

 

と思いましたが、最近自転車に

乗れてなくて、天気自体は

悪くなかったので軽めのライドへ

出かけてみましたよ。

 

いつもの江戸川は行きか

帰りが向かい風一辺倒になるので、

ちょっと逸れて手賀沼方面へ

向かってみることに。

 

江戸川から大堀川へ向かう途中で、

流山おおたかの森駅周辺を通るの

ですが、この辺りは区画整理が

現在進行中で行なわれており、

道路が刻々と変わっています。

 

今回は少し前に開通した 4 車線道路を

通るルートにしてみました

(末尾の走行ログをご参照ください)。

 

さて、そんなこんなで手賀沼着。

いつものように南岸のサイクリングロードを

端っこの手賀曙橋まで走ります。

 

往路は基本的には向かい風では

あったのですが、走る方角が刻々と

変わるので、横風チックになって

ちょっと楽に走れる区間などもあり、

心を折られずに折り返し地点まで

走ることができました。

 

今日のランチは手賀沼フィッシングセンターに

あるレストランで…と思って行ってみたのですが、

お店にはカーテンが…

 

帰宅して公式サイトを見てみると

「テナント募集中」。。。閉店してたんですね。

DSC08499_R

 

※2017年5月18日 追記

同敷地内と思われるところに

おしゃれなカフェレストランやら

BBQガーデンやらを運営する施設

出来上がっていました。

 

ここまで走った所で距離が25km 弱。

総走行距離 50km 走行を狙って

ここからひとつ先の「水道橋」まで走って折り返します。

DSC08500_R

その後、空腹に耐えつつ

追い風にのって(ちょっともがいてみたりして)

道の駅しょうなんまで戻って、

変換しにくい(笑)レストラン「ヴィアッヂオ」でランチタイム。

 

※一口メモ

「しょうなん」は漢字で「沼南」と書きます。

「湘南」ではありません。だいぶイメージが変わっちゃいますから。

この辺、今は合併されて柏市になっていますが、

元は沼南町だったんですね。

沼南の「沼」は言わずもがなの手賀沼。

さて、本題へ戻ります。

ここのメニューは中華とイタリアンがメイン。

ランチタイムには中華系のセットもあり、

その中から私が選んだのはラーメンと半チャーハンのセット。

DSC08502_R

お値段は妥当な 830 円。

ラーメンは「焼あごと羅臼昆布からとったスープ」

とありましたが、しょっぱ過ぎて

その味がよく分かりませんでした。

 

麺もちゃんとほぐれていなかったり

であれあれ~?な感じ。

因みに、以前(かなり前にはなりますが)

来た時に食べた担々麺は

なかなか美味しかったんですけどね。

 

チャーハンは注文を受けてから

作っているようで

(厨房から鍋を振る音が聞こえてきたので)、

ご飯もパラパラでなかなか美味

でしたが、こちらは薄味。

ラーメンとのバランスを

とっているのかな?

 

食事中には焼き上がるパンの

美味しそうな香りが漂っていたので、

次回があればパスタとパンを

食してみようかなと思います。

 

最後にお得情報と注意。

このレストランでは JAF 会員特典があり、

会員証提示で 10 パーセントの割引が

受けられます。

 

また、今週末行こうかなぁという方へ。

10 月 25 日(日)は手賀沼エコマラソンの開催日で、

9:00~13:00 までふれあい緑道は通行止めとなります。

ご注意くださいね~。

 

本日の走行ログはこちら

 

したっけ。


ヴィアッヂオ中華料理 / 我孫子駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

2 Responses to “向かい風の手賀沼と中華ランチ ライド日誌 No.017”

  1. lanikai51 より:

    こんばんは。こちらではお初ですね。

    先程、ルートを見させていただいて、自分のルートと全く同じでした。やはりこのルートが走りやすいですね。

    最近、手賀沼手前の階段を迂回するルートを通ってます。ちょっと回り道になりますが、快適に走れますよ。

    • ろなうど より:

      コメントありがとうございます!

      階段迂回ルート、ひじょーに気になります。

      今度教えて下さいね。

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ