まずはこの画像をご覧ください。

本日の 13時頃、ランチを食べに行くときに

撮影したものです。

 

自転車に乗る方がルール違反を犯しています。

なんだかわかりますでしょうか。

 

答えは「逆走」です。

 

この画像、我が家の近所で撮影したんですが、

近くに団地、高校などがある道路です。

 

なので、よくみる自転車乗りの

方たちの年齢層は高齢者と高校生。

 

その両世代(というか他の世代の方も)

の方がまんべんなくこの「逆走」を

悪びれることなく行っています。

 

その原因として考えられるのは

「そもそもルールを知らない」という

ことが大きなものでしょう。

 

私もこのブログで何回か

同様のエントリーをしていますが

それで与える影響は微々たるもの…

 

そんな中で、埼玉県では

「ぐるっと埼玉サイクルマナーアップ県民運動2017」

として、自転車に乗る際のマナーアップ

運動を今年(2017 年)の4 月 1 日から 1 年間の

予定で実施しています。

 

その内容をみると、

まぁ代わり映えのしない中身なので

詳細は書きませんが、

とにかく自転車に乗る際の

ルールを守りましょうということ。

 

以下にその基本的なところだけ抜粋します。

  • 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  • 車道は左側を通行
  • 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  • 安全ルールを守る
    • 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止、夜間はライトを点灯
    • 交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

 

本当に基本的なことなんですが、

これが守られていないかことを

目の当たりにする事が

あまりにも多すぎます。

 

県でも力を入れ始めているということで、

それに呼応して、ワタクシも「口を酸っぱく」

するように重ねてエントリーです。

 

私はドライバーであり

サイクリストでもありますので

両者の視点から見て

ルールを守ることは

円滑、安全な交通を

維持するために

とても大事なことだと思っています。

 

ということで、少なくとも

このブログを御覧の方々は

ルールを守って自転車に

乗っていただくことを

切にお願い致します。

 

以下、独り言。

この運動では「マナー」という

言葉が使われていますが、

これ「マナー」じゃなくて「ルール」

なんですけどねぇ……

 

したっけ。