昭和の薫り 川越まつり

天気がイマイチなので

午前中は自宅でまったり。

 

午後からは回復との予報でしたので、

友人からの誘いもあり、出かけてみる事に。

 

目的地の川越へ向かってクルマを走らせます。

16 時過ぎに自宅を出て、現地付近に着いたのは19 時前。

 

中心地は通行止めとなっていますので、

少し外れたの観光駐車場に車を止めて、

街の中を人混みを避けるルートを選んで歩きます。

 

そんな道中、こんな光景が。

DSC08464_R

三日月と旅館

 

軒先ではお酒やおつまみが提供されていました。

繁華街からは少し離れたこちらも

今日はやはり特別な日のようですね。

DSC08467_R

時の鐘もお祭りモード

更に歩みを進めると流石に人が増えてきます、

ちょっと気合を入れて歩きます。。

 

道すがら「銭洗弁天」の字を発見。

DSC08476_R

小銭を清めてみました。

これで大金持ちは間違いなし!

 

仲町交差点まで来ると人も俄然増えてきます。

それもそのはず、振り返ると山車が2つ

ちょうどすれ違う所でした。

DSC08469_R

さて、見学もそこそこに、

先乗りしている友人たちと合流することに。

その前に露店で大盛り焼そば(500 円)を購入。

DSC08477_R

お兄さんが見事なトングさばきで、

がっつり焼きそばを盛ってくれました。

 

とこの瞬間は満足しましたが…しばし後、

川越名物の太麺焼そばがあることを思い出し、

後悔の念。。

それは次回にとっときましょう。。。

 

もう一品は川越なのに「中津の唐揚げ」(画像なし)を

購入、仲間たちとこれらをつまみに生ビールで乾杯。

今日はたまたま暖かく、まだまだ美味しくいただける陽気でした。

 

久しぶりに合う仲間で他愛のない会話で楽しんだあとは、

いよいよメイン?の「お化け屋敷」に行く事に。

 

蓮馨寺の境内にそれはあります。

DSC08472_R

入口から昭和臭ぷんぷん

 

奥に進むと大きな屋台がドドーンと待ち構えていました。

DSC08487_R

なんとも言えない雰囲気!

入場料は大人 500 円ですが、

高校生は制服で行くと400 円になります。

 

さて、そしていよいよ中に。

…と此処から先は書かないでおきましょう。

まさに昭和のエンターテインメントというべき

至極楽しい空間が広がっておりました。

同行の女子達は大騒ぎでしたけども…(苦笑)

ご興味ある方は是非次回にでも!

 

同行のジモティ友人曰く、

「少し前までは隣に見世物小屋もあった」とのこと。

ああ、その時に来てみたかった!

 

そんなこんなで終了時間が迫り、

少し鎮まりつつある街を今度は周囲を

ゆったり見ながら歩きます。

 

すると、

DSC08492_R

IMAG2519_R

こんな、歴史を感じる建物がアチコチに見つかりました。

下部からのライトアップで浮かび上がったその姿は

とても幻想的でもありました。

 

かくして、今をしばし忘れての昭和へのタイムスリップ。

とても素敵な時間を過ごすことができました。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ