おふろ cafe bivouac ビギナーズガイド

昨日ご紹介したおふろカフェ

補足的エントリーです。

 

あちらに追記しても良かったんですが、

長文になりましたので、

分割してお送りします。

 

こちらでは初めてお越しになる方への

参考となる情報を中心に。

 

入館手続き

以下の流れで進みます。

  1. 入館後、下駄箱に靴を預ける
  2. 受付下駄箱の鍵を預け、
  3. 利用コース(フリー、銭湯コース等)告げる
  4. リストバンドを受け取る

あとはごゆっくりお楽しみください。

リストバンドで館内全ての施設の

精算が可能となっています。

 

それら料金は退店時の一括精算です。

 

楽しみ方

1 日まったりと過ごしましょう。

口コミなどをみますと

レストラン、カフェなどは

美味しいとのことですので、

それも試したいところ。

 

で、各々の評価を見ますと、

ネックとなるのはやはり

「休日の混雑具合」

というご意見が多いようで。

 

なので、狙い目はやはり平日でしょう。

 

オトクなプラン

平日にはフリータイム入館料と

お食事がセットになって 1,980 円という

プランもありますしね。

 

お食事は 1,300 円相当の

6 種のプレートから

選択できるそうです。

 

なお、このプランを

利用するためにはこちらのサイト

チケットを事前購入する必要が

ありますのでご注意を。

 

また上記サイトでは、

通常のフリータイム入館が

200 円引きとなるチケットも

販売しています。

 

会員にならなくてもオトクに

楽しめるということで、

まずお試し的に使いたい方に

コレはオススメな方法です。

 

アクセス

この周辺地域では皆さん

クルマでアクセスってのが

基本スタイルでございます。

 

なので、休日には

3 箇所ある駐車場がありますが、

最寄りの駐車場がキャパが

小さいため、満車になっている

ことが多いと予想されます。

 

他の 2 つの駐車場は

建物から少し離れたところにあります。

 

なので少し遠くからお越しの際は

電車利用というのも

アリかもしれません。

 

JR 高崎線の熊谷駅(南口)から

無料のシャトルバスがありますし、

「ちょっと汗をかきたい」という

方は籠原駅から歩ける距離にあります。

所要時間は 20 分強といったところ。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ