本日はダイハツディーラーへ。

その目的はもちろん、

この程(2021 年 11 月 1日)、

ダイハツロッキーに追加された

ハイブリッドモデルです。


ダイハツ自らの開発による

フルハイブリッドシステムを搭載した

ロッキーの実力やいかに。

※ 兄弟車となるT 社 ライズにも
 ハイブリッドが追加されました。

グレード

試乗車は最上級の「Premium G HEV」

(ボディカラーはナチュラルベージュマイカメタリック)。

ハイブリッド搭載モデルは、

これと「X HEV」の 2 グレード構成です。


ガソリンモデルは、

「Premium G」、「X」に加え、

さらに下位の「L」が加わり 3 グレード。


また、ガソリンモデルは

2WD と 4WD が選べますが、

2WD は新開発 1.2L エンジン、

4WD は従来型の 1.0L ターボエンジンが

搭載されます。

e-SMART HYBRID

今回、新開発となったハイブリッドシステムは

「e-SMART HYBRID」と名付けられました。


シリーズ式ハイブリッドと

呼ばれ、簡単に言うと、

駆動はモーター、発電はエンジンと、

完全に役割分担された

比較的簡素なシステム。

日産の e-POWER とほぼ同じ仕組みです。


新開発の 1.2L 直列 3 気筒エンジンと

2 モーター(発電用・駆動用)の組み合わせです。


ダイハツの親会社であるT 社には

THS II というハイブリッドシステムがありますが、

あちらはモーターとエンジン出力を

組み合わせて駆動するもの。


このため動力分割機構をもつ

変速機の搭載など機器類も

大きくなるため搭載を

見送ったそうです。


ダイハツ独自に小型で

コスパに優れるハイブリッドを

開発することになったようです。


と聞くと、将来的には

軽自動車への適用も視野にあるのでは?

試乗

さて能書きはこれくらいにして、

試乗レポートを。


従来モデルは軽快感が強調されていましたが、

こちらはまず感じるのは重厚感。


ハイブリッドシステム搭載によって

単純に重量が増していますが、

それによってしっとりとした乗り心地を

手に入れており、明らかに上質。


日産の e-POWER に比べると

出力は控えめのようですが、

ボディ重量も軽いので街乗りでの

パワー不足感はなし。


PWR モードにすれば

キビキビと気持ちよく走ります。


従来型の 1.0L ターボにあった

アクセルを踏み増していくと

唐突にグワッと加速する感じは

皆無でこの辺も好印象。

スマートペダル

いわゆる「ワンペダル」機能。

走行時にアクセルをOFFすると

程よく減速 G が立ち上がります。


使いこなせれば町中の運転については

アクセル⇔ブレーキの踏み変えを

かなり減らすことができ、

効率化、負担軽減に貢献します。

電動パーキング&オートブレーキホールド

もう一つお気に入りの点。

ロッキーのハイブリッドモデルと

ガソリンの最上級グレードには

電動パーキングブレーキと

オートブレーキホールド機能が標準装備と

なりました。


特にオートブレーキホールドは

町中などストップ&ゴーを多用する

シチュエーションでは非常に有効です。

静粛性は

さて、褒めちぎったところで、

ネガポイントも少々。


まず気になったのは静粛性。

発進時、停止時など EV モードで

走っているときは上質、静かですが、

一度エンジンがかかると

3 気筒のそのガラの悪い音は

結構容赦なく車内へ。


ハイブリッドモデルは遮音性を向上させている

ようですが、正直「もう少し」という印象。


ただ、車両価格や重量を

少しでも抑えたいという考えが

あるのだとするとこれはこれで

納得できるレベルではあります。

ドラポジ

もう一つネガポイント。

ステアリング調整ができるのは

上下(チルト)方向のみで、

前後調整(テレスコピック)が

できません。


ワタシが足優先でシートポジションと

取るとステアリングが遠くなってしまい、

満足なドラポジを取ることが

できませんでした。


この辺コストに直結してしまうのですが、

せめて上級グレードだけでも

この機能はつけて欲しいと思いました。

以外にオススメ

ということで、いくつかネガポイントも

ありますが、この価格ですから

そこいら辺に目をつぶることが

できる方ならば意外にアリと思えるクルマです。



そろそろ各ディーラーに試乗車も

配備されているようですので、

気になる方はぜひディーラーでご試乗を。


したっけ。