結構違う!?ブレーキフィールのお話

本日はクルマネタ。

しかも少し深堀りでブレーキのお話。


スポンサードリンク

ブレーキの感覚

今日は回送のお仕事で、

スズキ スイフトと、

マツダ プレマシー(絶版車)を

運転しました。


性格の違うこの 2 台、

以外にも乗り味的には軽快感など共通点を

持ち合わせたりもしますが、

ブレーキという観点でいうと

全く違うフィーリングを持っています。


その違いを拙い文章にて

表現してみよう、というのが

今回の試みであります。

スズキ スイフト

このクルマ、ブレーキは、

浅く踏み始めたところ制動力が強めに

立ち上がるタイプ。


故になれるまではブレーキ操作に

細心の注意が必要となりそう。


この辺、ズボラな人が結構いまして、

そんな方の運転で、このクルマは

乗りたくないなぁと

思ってしまったり。。

マツダ プレマシー

こちら、 4WD の 4 速 AT モデル。

が、ブレーキのフィーリングは後期型も同じ。


このクルマはブレーキ踏み始めから

制動力が立ち上がりますが、最初は弱め。


踏力を増していくとじわーっと

効いてくる感じ。


最初は面食らいますが、

なれてくるとブレーキの微調整が

とてもしやすくなります。


過去の記憶を思い起こすと、

マツダ 3 が同じようなフィーリングでした。


その一方で、デミオは

同じ雰囲気を持ちつつ、最初の

制動力の立ち上がりが少し

強めでワタシの好みのフィーリング。


これはスバル車のそれに近いです。

ブレーキは重要

ちなみに、今回取り上げた 2 台は、

フィーリングの違いはあれど、

制動力という点では十分な印象。


実は他社のクルマでは

とても重要なはずの制動力が

イマイチかなぁと感じるモデルも

あったりするんですよね

(どのクルマかは当ブログの過去記事を

探してみてください)。


いいクルマの大前提として、

まず「しっかりと止まるクルマ」というのは

外せないでしょう。


みなさんもクルマ選びの際には、

しっかりと試乗をして、

ブレーキのみならず様々な

操作フィーリングをしっかりと

お確かめになることをオススメします。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ