どちらも早割 1 万円で3ゲレンデ滑走可!猪苗代スキー場と高畑スキー場のシーズン券の違いは?

過去に当ブログでも取り上げております

2 つのゲレンデの

シーズン券ですが、似ているようで

実は細かな違いが。

それについて解説してみます。

共通項

まず、猪苗代・高畑両スキー場とも

お値段は同じ。

3 つのゲレンデ(猪苗代・裏磐梯・高畑)が

滑走可能となるのも同じ。

相違点

猪苗代シーズン券

詳細が書かれてないので予想ですが、

猪苗代スキー場ではシーズン券で

そのままリフト乗車可能。


一方、裏磐梯、高畑スキー場では

チケット売り場で 1 日券への引き換えが

必要となるようです。

特典

現状、猪苗代シーズン券では、

猪苗代で受けられる特典については

特に明記されていません。


先シーズンのように、

途中で追加となるのでしょうか。

高畑シーズン券

こちらも予想で。

高畑スキー場ではシーズン券で

そのままリフト乗車可能。


一方、猪苗代、裏磐梯スキー場では

チケット売り場での 1 日券への

引き換えが必要に。

特典

センターハウス前駐車場の料金が

割引(1,000 → 500 円)となり、

レストランでコーヒーも

割引料金 250 → 100 円で楽しめます。

どちらがお得?

では、どちらを買うのがお得なのか、

というのは現時点で単純に考えれば

駐車場、コーヒーが割引となる

高畑スキー場の方がお得と言えます。


ただ、コース規模等々を考えると、

同じ金額でより規模の大きい

猪苗代が滑れるというところで、

楽しみ方という観点では

猪苗代のほうがお得。

という見方も。


この辺は皆様それぞれの視点で

ご判断いただければと思います。

私はシーズン途中の特典追加に期待しつつ、

猪苗代のシーズン券を買うつもりです。


したっけ。

コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ