「エスカレーターは止まって乗ろう」条例が埼玉で成立

ちょっと前の話題。

2021 年 3 月 30 日、埼玉県でこんな条例が公布されました。

※ 施行は 2021 年 10 月 1 日から。


スポンサードリンク

埼玉県エスカレーターの安全な利用の促進に関する条例

相変わらず長ったらしい条例名ですが、

端的に言うと「エスカレーターは止まって乗ってね」

ということです。


詳細を書くと、利用者・管理者それぞれ以下の

義務があります。

利用者の義務(第5条)

立ち止まった状態でエスカレーターを利用しなければならない。

管理者の義務(第6条)

利用者に対し、立ち止まった状態でエスカレーターを利用すべきことを周知しなければならない。

ということのようです。

罰則は

この条例、ご多分に漏れず、

「罰則規定はなし」

これでどれだけの人が守ってくれるかは疑問ですが、

じわじわと浸透していくことでしょう。


当ブログもその一助になればと思います。

ワタシは

ちなみに、ワタシの場合、

エスカレーターに乗るのは

高層階への移動とか疲労度が高い場合などに

限ることにしています。


例えば、駅のエスカレーターなどは

極力利用しません。


また急いでいる場合は、

特に意識して階段を利用するように

しています。


一段飛ばしとかで登ると

軽いトレーンングにもなりますし。

安全基準

もう一つの根拠として、

日本エレベーター協会も、

『エスカレーターの安全基準は、ステップ上に立ち止まって利用することを前提にしています』

としている事が挙げられます。


裏返せば、エスカレーターで歩くことは危険

という認識でいることがわかります。


効率を求める向きもありますが、

こういう設備はまず安全に利用できてこその話。

ワタシはこの意見を尊重します。

エスカレーターは止まって

とにもかくにも、

少なくとも埼玉県では公式で

「エスカレーターはとまれ」

ということが表明されたわけで、

ワタシは積極的にこの条例を支持、

実行したいと思っています。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ