「貼る」から「塗る」へ 次世代コーティング「スマホまもる君」を使ってみました

本日はガジェット?ネタ。

一部で話題沸騰?のこのアイテム、

「スマホまもる君」を使ってみました。

スマホまもる君とは

ざっくり言うとスマホの画面保護剤。

これまでの保護シートに代わるものらしいです。


ちなみに、私はこれまで使ってきたスマホに

保護シートは貼ったことがありません。


現在使っている機種「AQUOS Sense 3」には、

最初から保護シートが貼られていましたが

一部破れてしまったので、

剥がして「スマホまもる君」を試してみた次第。

内容物

パッケージの中には、

本体(液剤)、塗布用クロス(小)× 2 枚、

仕上げ用クロス(大)× 1 枚、取扱説明書が

入っています。

使い方

以下の通り結構簡単でした。

保護シートを貼る時の

空気が入らないように……

とか気にする必要はありません。

ズボラなワタシにぴったし。

1. 画面清掃

まず画面を手持ちのティッシュなどできれいに。

2.液剤塗布

スマホ画面に液剤をシュッシュとかけ、

付属のクロス(小)でまんべんなく伸ばします。

3.乾燥

そのまま 10 分ほど放置します。

4.仕上げ

仕上げ用クロスで塗布面を磨き上げて完了です。

感想

プラシーボ効果かもしれませんが、

見た目のツヤ感が増した印象です。


タッチ操作については明らかに

指の滑りが良くなりました。


さらには画面へのホコリ・指紋汚れの

付き方が軽減された印象です。


また、塗布によって多少の

傷ならば修復してくれるようですが、

我がスマホはまだ傷物でなないので

その効果は未知数です。


購入価格は 2,000 円と

決してお安くはありませんが、

複数回使えるので納得と言えます。

クルマにも

ちなみに、このアイテム、

クルマ(ナビ画面、ツヤ出し部分など)の

保護・艶出しにも効果があるようで。


相方様の愛車に試してみて、

その効果を検証してみることにします。


したっけ。

コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ