ホンダレジェンドで世界初の自動運転!

自称 ADAS マニアの私が気になるニュース。

2021 年 3 月 4 日、ホンダ レジェンド

正真正銘「自動運転」可能なシステム

「Honda Sensing Elite」搭載モデルの

追加が発表されました。

※ ADAS =先進運転支援システム

自動運転の定義

まずは前提のお話。

現在、全世界的に

アメリカの SAE International という

非営利団体が策定した自動運転の定義を

採用しています。


それによると、以下 5 つの

レベルに分けられます。

自動運転のレベル

  • レベル 0:ドライバーがすべてを操作
  • レベル 1:システムがステアリング操作、加減速のどちらかをサポート
  • レベル 2:システムがステアリング操作、加減速のどちらもサポート
  • レベル 3:特定の場所でシステムが全てを操作、緊急時はドライバーが操作
  • レベル 4:特定の場所でシステムが全てを操作
  • レベル 5:場所の限定なくシステムが全てを操作

レベル 1、2 は「運転支援」、レベル 3、4が「自動運転」、

そしてレベル 5 が「完全自動運転」と定義されます。


具体例で言うと、日産スカイラインの「プロパイロット2.0」や

スバル レヴォーグの「アイサイトX」はレベル 2 です。

※ レベル 2 はかなり広範で、上の 2 車種はその中でも

かなりの高機能を持ちますが、あくまで「運転支援」です。

世界初!

で、本題。

今回の発表でホンダ レジェンドは

世界初のレベル 3 を実現することになりました。


実はこれに先だってアウディ A8 がレベル 3 の機能の

実現を発表していましたが、

各国の法整備を待っていたため、

市販化には至っていません。


そうこうしているうちに

自動運転の法整備については

日本が先んじていたという意外な事実が

この現象を生んだわけです。

具体的には

ホンダが「Honda SENSING Elite」として

実現した機能は、高速道路や自動車専用道において

渋滞時に限り自動運転ができる、というもの。


これまでのレベル 2 との大きな違いは、

前方注視義務がなくなること。


すなわち限定条件下ではありますが、

レベル 3 での自動運転中は、

手放し(ハンズオフ)のみならず、

ナビ画面、スマホなどを見ても OK!

という事です。


ただし、緊急時にはドライバーによる

運転に切り替わる場合があります。

限定販売

ということで、正真正銘の

世界初!自動運転を実現したこの車ですが、

まずは、リース販売のみその限定数は 100 台。。。

そして価格も大台突破の 11,000,000 円!


私達一般大衆の手に届くまでには

もうちょっと時間がかかりそうです。。


したっけ。

コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ