クラウンが SUV に!?その後はどうなる?

先日マイナーチェンジを受けた

トヨタ クラウンですが、

ここへ来て、不穏な情報が

(以下、公式発表ではありません)。


スポンサードリンク

セダン→SUV

その内容は、

クラウンはセダンとしては

現行型で生産を終了し、

次世代は SUV として 2022 年に登場。

というもの。


この情報から今後の展開を

想像(妄想?)してみます。

受け皿は?

セダンとしてのクラウン亡き後の

何が受け持つか。


パッと思い浮かぶのは「カムリ」。

かつては格下であった

このクルマですが、

今はグローバルモデルとなり

ボディサイズはもとより

内外装、走りの質感まで

クラウンに匹敵、

またはそれを凌駕する存在になっています。


駆動方式の違いこそあれ、

クラウンの穴を埋めることは

十分に可能と思います。

マツダ……?

もう一つ。

これは噂段階ですが、

マツダが開発している直 6 エンジンを

搭載したセダンをトヨタとマツダで

共同開発するという情報も。


これまで 86(SUBARU BRZ)、

GR スープラ(BMW Z4)という

前例もありますから

この線も十分考えられます。


クラウンは最近販売台数が落ち込んで

いるようなので、トヨタオンリーで

新たに開発するよりは……

という論理が働いているかもしれません。


これが現実となると、

マツダ製クラウン、兄弟車は

マツダ 6 なんてクルマが登場するかも。


これはこれで見てみたい気もします。

いつかはクラウン……

今年(2020 年)始まったトヨタディーラーの

販売車種共通化によって、

法人需要でクラウン→アルファードという

変化も発生しているようです。


また、その需要の一部は

レクサスが取り込んでいるとみられ、

クラウンの訴求力はますます

低下していくものと思われます。


「いつかはクラウン」

も、過去の話なんでしょうかね。。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ