新燃費測定方式「WLTCモード」表示が義務化されます

本日の国交省からの発表によると、

今後、カタログに表示されるクルマの

燃費に新しい方式が採用されることに

なったそうです。

 

その内容を一部抜粋すると、

燃費の国際統一試験法である WLTC モードに
基づく全体の燃費に加え、「市街地」、
「郊外」、「高速道路」といった走行環境毎の
燃費をカタログ等に表示することを義務付けます。

という事らしいです。

 

新たな燃費測定法「WLTCモード」は、

国内独自だったこれまでの

「JC08 モード」とは違い、

国際的統一された試験方法とのこと。

 

※ WLTC:Worldwide-harmonized Light Vehicles Test Cycle

 

これはカタログに書かれた燃費と

実際のそれの乖離を少なくするのが

目的です。

 

また、実際の走行を想定した、

市街地、郊外、高速道路の

燃費を併記するようになりました。

 

現行の JC08 モード燃費では、

実走行より 2 割増しくらいの表示

である車が多いようですからね。

 

なお、この新しい制度が全車に

義務づけされるのは

2018 年 10 月と少し先の話ではありますが、

 

それに先立ってマツダの MX-3 では

この燃費を提示するクルマ第一弾と

なりました。

 

では、このクルマの「20S(2WD)」

というグレードの燃費を見てみましょう。

JC08 モード: 17.0
WLTC モード:16.0

※単位は km/l

約 6 %の減ですね。

 

そして、各モードの燃費は、

市街地:12.2
郊外:16.8
高速道路:18.0

※単位は km/l

となりました。

ここまで提示してくれると、

実際の走行シーンを想像しやすいですね。

 

ということで、

クルマの燃費が重要!

という方は新モード燃費を

しっかりとチェックして行きましょうね。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ