LEAVIT で「日産 ノート」を長距離回送

昨日はお休みすいません。

さて、本日は副業の副業? LEAVIT にて、

日産 ノートを長距離回送してきましたので、

感想を簡単に。


スポンサードリンク

都内→成田 × 2

今日の業務は都内→成田の回送を 2 本。

しかもどちらも「ノート」という、

いささかハードな内容でございました。


ということでじっくり味わった

「ノート」の感想を。

乗り味

乗り心地は硬め。

ステアリングフォールなどには

スポーティ感は希薄、

アクセルレスポンスは、

トヨタの旧「ヴィッツ」よりは

幾分ましですが、運転して楽しい

という雰囲気はなく至ってフツーのクルマ。


ボディも常にブルブル揺れて、

あまり心地の良いものではありません。

また 3 気筒エンジンと CVT の

相性もあるのでしょうが、

一定のエンジン回転数で走ると

ブルブルが増幅されます。

シート

一方で「意外といい?」

思ったのがシート。


作りとしてはこじんまりとしてますが、

結構おさまりがいいんです。


これでもうすこしシート高が下方向に

調整できて、

ステアリングにテレスコピック機能が

つけばなかなか良好なドラポジが

取れるはず。

惜しい!

エンジンフィール

先に少し触れましたが、

1.2L 3 気筒エンジンはガサガサ回り、

振動も結構容赦なく車内に入ってきます。


ボディ剛性やエンジンマウントなど

今どきのクルマとしては落第点。

8 年選手

いろいろ言いたいところですが、

現行モデルは 2012 年デビュー。

それも致し方ないところでしょう。


e-POWER という飛び道具などを

与えつつ永らえているようですが、

そもそものところがやはり「古い」という

印象です。


それなりに売れている

モデルなんですから開発費も

もとが取れているはず。


もうモデルチェンジしていても

決しておかしくはないでしょう。

次期型

なんてことを書いていたら、

実は今年(2020 年)の秋頃に

フルモデルチェンジを迎える、

なんて噂もあるようで。


内容としては、

プラットフォーム刷新は当然のこととして、

後部ドアがスライド式になる!

なんて情報も。



どこまで確度が高いかは不明ですが、

ちょっと期待できそうですね。


「e-POWER」は継続して載せてくる

でしょうから、「トヨタ ヤリス」や

「ホンダ フィット」などと、

さらには来年には「アクア」も

フルモデルチェンジされるようなので、

出てくるとこのセグメントは

俄然面白くなりそうです。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ