滑り初めは小雪の高畑 滑走日誌15-16 No.004

新年あけましておめでとうございます。

本年も当ブログをお引き立ての程よろしくお願い致します。

 

さて、本題。

今年の初滑りは二泊三日でスキーヤーの聖地高畑へ。

 

ここも例年になく小雪です。。。

前日夜に少し降雪があったようですが、

解放コースはご覧のとおり。。

IMAG2754_R

今日からオレンジインコースが新たにオープンとの事ですが…

 

ゲレンデ下部の雪が非常に少なくて、

連日のスタッフさんたちの雪出しにより

辛うじて維持できているという状況。

 

上部は幾分ましですが、

やはりブッシュがチラホラと見えています。

 

まずはブラック、レッドリフトで上がり、

一番状況が良さそうなレッドコースを回すことに。

IMAG2753_R

天気がご覧のとおり、時折青空が見えたり、

陽が射すという、充分な雪があれば最高の状況です。

 

前日に積もった雪はそれなりに締まっており、

なかなか快適に滑れましたが、

それとて地形によって凹凸がありますので、

全開高速カービング!というわけに行きません。

 

足慣らしの延長的な感じで数回滑ったあとは、

コース脇にあったコブラインに挑戦!

 

…すると、

こちらも数本入った所で、

ブッシュが見え始め…

早々に撤退せざるを得ませんでした。

 

その後はとりあえず、開いている所を滑ろう言うことで、

オレンジイン、ブルーハイウェイコースを攻略。

 

これらのコースもあちこちでブッシュがお出まし。。

いつになく緊張を強いられる滑走になりました。

時計が 11 時を回る頃、

元日のイベント「鏡割り」のために下山します。

 

ベースのレストハウスへ行くためにはブラックコースを

通る必要がありますが、一番下の中斜面には

雪がうっすらという状況ですので、

初心者用迂回コースをこれまたブッシュ、石に

気をつけながら慎重に降りる事に。

 

「鏡割り」の主目的はもちろん安全祈願。

ではなく、その後の振る舞い酒。

IMAG2755_R

儀式の直後こそ行列がありましたが、

結局お酒は余り、日本酒 2 杯、甘酒 1 杯を頂きました。

 

いい気分になった所でそのままランチ。

 

本日選んだメニューはこちら。

IMAG2758_R

今季からの新メニュー和風ハンバーグ定食です。

ハンバーグきのこが入った和風ソースがかけられています。

 

これにご飯、味噌汁、お新香がついて 1,100 円。

お味は可もなく不可もなくという感じ。

お値段を考えるとちょっと高いかなぁという印象でした。

 

雪も少なく、元日ということでまったり休憩を長めに

とった後はまたレッドコースをヘビーローテーション。

15 時の最終リフトまで滑りました。

 

滑走後は宿泊地の檜枝岐温泉へ移動。

会津駒ケ岳の登山口近くにある民宿が

今日、明日のお宿です。

 

民宿としては大きめで、

部屋も綺麗、温泉のある内風呂もあり

なかなか快適に過ごすことができました。

DSC08827_R

本日の夕食

 

食事で日本酒一本(一升瓶)をつけてもらい、

食後はそれをそのまま部屋へ持ち帰りプチ宴会。

 

皆さん疲れも溜まっているようで、

早めのお開きとなりました。

 

本日の滑走ログはこちら

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

3 Responses to “滑り初めは小雪の高畑 滑走日誌15-16 No.004”

  1. いしづか より:

    是非とも、今後の参考にしたいので宿の名前を教えて頂けませんか?
    よろしくお願いいたします。

    • ろなうど より:

      コメントありがとうございます。
      お宿は「尾瀬の宿こまどり」さんです。

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ