2.4L 直噴ターボが国内に!SUBARU 新型 WRX S4 登場とレヴォーグ年次改良

少々出遅れました。

昨日(2021年11月25日)の

午前 8 時に新型 WRX S4

年次改良版レヴォーグが発表されました。

FA24

今回ついに 2.4L 直噴ターボエンジンが

国内モデルに初採用となりました。


先代までの 2.0L(FA20)に比べて

パワー・トルクとも減少している

ようですが、諸々の大人の事情に

配慮していかなければ

ならないこのご時世にあって、

ハイパフォーマンスのモデルを

継続投入してくれたという意義は

大きいと思います。



ちなみにこのエンジン、

BRZ/GR86 に搭載される自然吸気エンジンと

同じ型式名ですが、シリンダーサイズが同じと

言うものの各パーツはかなり異なるものです。

スバルパフォーマンストランスミッション

今回、トランスミッションにも新たな名前が。

「スバルパフォーマンストランスミッション」は、

2.4L 直噴ターボにあわせて新開発したとのこと。


SUBARU の CVT は、従来から

高容量と中容量の 2 タイプありまして、

このトランスミッションは高容量タイプ

(旧呼称はスポーツリニアトロニック)の

進化版と言えるようです。


改良点は、

  • マニュアルモード 6 → 8 速に変更
  • シフトアップ・ダウン高速化
  • ブリッピング制御の追加
  • 変速比幅(レシオカバレッジ)の拡大

となっており、大きく手が加えられているようです。

WRX S4

ここからは個別モデル解説。

少々の空白を経て、

新型となった WRX S4 は、

スバルグローバルプラットフォーム(SGP)と

フルインナーフレーム構造を採用。


メインとなるグレードは、

ベースの GT-H と、

豪華版?の STI Sport R の 2 種。

それぞれアイサイト X の有無で

4 グレード展開となります。

※ アイサイト X 搭載グレードは末尾に「EX」

空力パーツでした

新型のスタイルを見て

ひときわ目を引くのは

ホイールハウスを含め、

ボディ全周に渡る樹脂パーツ。


これ賛否両論がありますが、

実は空力パーツ。


この樹脂部分、よくよくみると、

細かいディンプル(凹み)が無数に

施されていて、これがボディサイドを

流れる空気の流れを整えることで、

操縦安定性向上に効果があるそうです。

レヴォーグ改良

こちらは新型登場から 1 年を経て、

年次改良のタイミングで 2.4L 直噴ターボ

モデルをラインナップに加えました。


グレード名は WRX S4 と同じ

STI Sport R(EX※)。

※ アイサイト X 付き。

サンルーフ追加

今回に改良での一番のトピックは

サンルーフの設定(メーカーオプション)でしょう。

先代よりも開口面積を拡大し、

さらなる開放感が味わえるとのこと。


これを期待して契約を待っていた人、

一定数いらっしゃるでしょうね。

新色追加

ボディカラーには、

  • セラミックホワイト
  • サファイアブルー・パール
  • イグニッションレッド

を新たに設定しました。

その一方で、

  • ラピスブルー・パール
  • クールグレーカーキ
  • ピュアレッド

が廃止となっています。

ラピスブルーとピュアレッドは

同系新色に移行しましたが、

クールグレーカーキは不人気による

廃止という見方が濃厚です。

その他改善など

今回の改良では、他にも

パワーリヤゲート、アイサイト X の

動作改善なども含まれます。

またリリースには含まれていませんが、

足回りに何らかの変更が加えられている

可能性も無きにしもあらずです。

レガシィ アウトバックにも

SUBARU のハイパフォーマンスモデル

復活にとりあえず一安心。


次にスバリスト(ワタシは除く)が

望むのはこれを積んだマニュアル車の

設定でしょう。



ワタクシ的にはレガシィ アウトバックにも

このエンジンが国内版にも

展開されることを願ってやみません。


したっけ。

コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ