ダイハツロッキー&トヨタライズ登場……

満を持して?ダイハツとトヨタから

新型コンパクト SUV が発表されました。

この記事ではあまたあるネットの「提灯記事」

では取り上げられない点を探ってみます。


スポンサードリンク

モーターショーでサプライズ

ダイハツ「ロッキー」は、

昨日まで開催されていた東京モーターショーで

「小型SUV」として車名を伏せて

サプライズ展示されていたモデル。

恐らく出展車はほぼ市販モデルで、

作り込みも市販車のそれでした。

OEM版

そして、一方のトヨタ「ライズ」は

「ロッキー」の OEM 版。


ちょっと以外だったのは、

専用のエクステリアを与えられた点。

一応、共同開発という名目は保たれたようです。


トール、タンク、ルーミーのように

エンブレムだけ替えて使いまわすのかなと

思っていましたが、

はやりの SUV だけあって

ここでは差別化を図ってみたんでしょうね。


ただ、よくよく見ますと、

差別化されているのはバンパー周りだけ。

それ以外のパネルは全て共用されてますね。

詰めが甘い

ですが、ワタシ個人としては、

ああ、やっぱりね。。。

と、がっかりさせられた点も。

パーキングブレーキが……

両モデルともレバー式。

いわゆる典型的なタイプです。

電動パーキングブレーキ採用は見送りとなり、

故にブレーキホールドも未搭載です。


このクラスでそこまでは要らない

という判断なのでしょうが、

その一方で、「ロッキー」の

最上級グレード名が「Premium」。


少なくともワタシの考えるPremiumとは

こういった点で乖離が見られます。

ACC も……

「ロッキー」、「ライズ」ともに、

全車速対応のアダプティブクルーズコントロール

(ACC)が装備(最上級グレードのみ)されました!


が、「停止保持機能なし」です。。

すなわち、渋滞などで前車に追従して

停止まではしてくれますが、そのあと、

数秒後にはブレーキは解除されてしまいます。


詰めが甘すぎます。


恐らく製造元となるダイハツでは

これまで電動パーキングブレーキ搭載車を

作っていませんから、「ウチではやらない」

という考えがあるのかも。


この間にも、ホンダでは……

という愚痴はもう止めましょう。

虚しくなります。

ドラポジは……

もう一つ。

主要装備表を見ると、

「チルト(上下調整)ステアリング」が標準装備と

なっていますが、「テレスコピック(前後調整)」は

付いていません。


コンパクトSUVということで、

女性が乗ることを想定されていると思いますが、

この装備の省略はいかがなものかと。


逆に言うと、ワタシはテレスコなしの

クルマに乗るとステアリングの位置が

遠くなりがちであります。

走りはどうか

かくして登場早々こき下ろしてみましたが、

新プラットフォーム採用や、

外観の第一印象など「悪くないな」と

思わせる点もありました。


あとは実車に乗ってみて、

どんな走り味を見せてくれるか。

これをチェックして最終判断とします。


恐らく近い内にはレンタカーでも

導入されると思いますのでそれを

楽しみに待ちたいと思います。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ