スキーイントラ日誌 No.29

レッスン家業 29 日目。

 

極寒の日々も今日までのようです。

少し変則的なレッスンとなりました。


スポンサードリンク

ゲレンデ状況

昨日から少しまとまった降雪。

ゲレンデには圧雪後に20センチ

ほど積もっています。

嬉々としてあさイチのゲレンデへ。

 

天気は曇りの予報でしたが

日差しも見えてなかなかの

滑走日和となりました。

 

午後はそれがほとんど

無意味な環境でのレッスンなのですが。。

 

午前はフリー滑走

先述の通り、あさイチパウダーを

いただきにはやま第 4 リフトの

始発に乗車。

積雪は少ないものの

数日の低い気温によって

雪はとても軽いパウダー。

極上パウダーの

ファーストトラックを

いただくことができました。

 

ランチ

定番の ISK へ。

私は、

かき揚げそば(820 円)、

 

相方様は、

生姜焼き定食(1,080 円)を注文。

 

デザートはこれまた定番の

いちごプリン一つをシェアしました。

 

午後のレッスン

今日からは今回の

山ごもりでとうとう最後の

レッスンとなります。

 

担当するのは江戸川区の小学生。

5、6 年生が合同でやってきますが、

私は 5 年生のスキー経験班。

 

男女混合の 13 名という

大所帯とご一緒します。

 

初日の今日は、

生徒さんたちの宿泊地となる

磐梯青少年交流の家

 

この施設は

団体宿泊訓練を通じて健全な青年の育成を図るため

に設立された国立の施設で、

現在は独立法人が運営しています。

 

用途としては学校団体の

宿泊学習が主なようですが、

一般の団体なども受け入れて

くれるようです。

 

この時期には

スキースクールに訪れる

小中学校の団体が良く利用しています。

 

今回のレッスンは

この施設の広場を使って

行います。

夏の屋外活動で使われる場所ですから、

ほぼ真っ平ら。

ここでスキーになれてもらい、

翌日は 1 日ゲレンデで……

という段取りです。

 

ただし、

経験者の班は少し傾斜のある

土地にてハイクアップしながら

レッスンを行います。

 

ということで、

我が班はこの傾斜地にて

プルークファーレン、ストップの

技術チェックを行いました。

 

一人、怪しげな生徒さんが

いらっしゃいますが、

明日のレッスンでは

しっかり滑れるように

頑張ってレッスンしたいと思います。

 

明日の予定

猪苗代スキー場に場所を移しての

1 日「通常」レッスン。

 

経験者ということで、

リフトを使ってどんどん

滑らせて上げたいと思います。

 

小学生のレッスン

今回は今シーズン初めて

小学生団体のレッスンの担当です。

 

やはり中学生とは違って、

注意することがたくさんあります。

 

まず第一がトイレ。

レッスン前、

「トイレに行きたい人?」

と聞いて、その子を連れていっても

レッスン中には

「先生、トイレに……」

という生徒さんが現れたりします。

 

幸い、今回の学校さんは

その対応については万全で、

学校同行の先生やスタッフさんが

トイレに連れて行ってくれる

という体制ができていますが、

やはり戸惑いますよね。

 

それともう一つ。

我が班は経験者で比較的素直な

生徒さんが多いのですが、

さりとて小学 5 年生。

 

しかも大所帯ですから、

レッスン中の声はどうしても

ボリュームが大きくなります。

 

今日の 2 時間レッスンですが、

少しのどが痛くなりました。

 

さて、明日の 1 日、

私の声はもつのでしょうか……

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ