滑走日誌 2018-19 No.1 猪苗代オープン

いよいよ 2018年12月22日(土)、

ワタシの 2018-19 シーズンの幕開けです。

 

ちょっと遅くなりましたが、

そのご報告をお届けします。

猪苗代もオープン!

その会場はホームゲレンデの猪苗代。

当ゲレンデも本日オープンです。

 

運行リフトは中央エリアが 3 本、

ミネロエリアが 1 本。

 

滑走可能コースも下部を中心に

限定的という陣容ではありますが、

ともあれスケジュール通りに

オープンできてホッとしました。

 

使える施設も限定的で、

開いているのは中央エリアの

センターハウスばんだいのみで、

ミネロレストハウス、

スノーハウスいなわしろの

オープンは 28 日からとのこと。

 

ゆったりと

ご多分にもれずこちらも

小雪で、客足は雪量豊富な

裏磐梯(猫魔・グランデコ)や、

箕輪へ向かったようで、

こちらは至って平和でありました。

 

リフト待ちもほとんどなしで、

この点ではストレス皆無です。

 

ゲレンデ状況は

天気は曇り。

時折青空が見えます。

気温はプラスで、雪質は

春のようです。。

そして、ゲレンデの雪はやはり少ないです。

圧雪を失敗したためか所々でブッシュ、

土が見えている状態ですが、

なんとか滑走は可能です。

 

スタトレ

滑走初日にして

お世話になるスキースクールの

スタッフさんたちと

トレーニングを受けました。

 

緩斜面、低速主体でピボット操作、

横滑り、太もも、内足の使い方など

今季の重点要素なども教えてもらいつつ

足慣らしを行いました。

 

気持ちよく闇雲に滑りがちな

初日ですが、かなり有意義な

時間になったと思います。

 

その後、フリーで数本。

 

このときに中斜面の

ふりこ坂も滑ってみましたが、

こちらは雪の状態がよろしくなく、

あまり楽しいとは言えない状況。

 

雲の下に猪苗代湖の絶景を拝むことが

できましたが、

ここで楽しむためには

まだまだ積雪が必要なようです。。

 

ということで、

一泊二日の猪苗代滞在で、

滑走は 1 日のみでしたが、

まあまあ幸先の良いスタートを切れたかな、

と思っております。

 

次回の予定

次の滑走は

年末年始の会津高原高畑スキー場。

 

毎年恒例になりつつある、

檜枝岐温泉に滞在しての

スキー三昧となる予定です。

 

これからの寒気に期待せずには

いられません。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ