ダイハツ製トヨタ車?にご用心(OEMについて)

私は仕事柄、

トヨタ車に乗ることが多いです。

参考:近況報告。レンタカー屋さんでアルバイトはじめました

特にコンパクトカーに

触れる機会が多いのですが、

今日はその一部の車種で

気づいた点とそこから話題を

広げて書いてみます。


スポンサードリンク

パッソの方向指示レバー

このクルマ「パッソ」を運転した時に

気づいた点。

 

右左折時などに

方向指示器(ウインカー・フラッシャー)

を点滅させるためには

指示レバーを操作する必要がありますね。

 

この操作に違和感を覚えました。

というのも、

このクルマどのような操作をしても

レバーが中立の位置に戻って

しまうのです。

 

例えば、右折しようとして

指示レバーを操作した場合、

「レバーある程度動いた位置で

止まって、ハンドル操作とともに

中立の位置に戻って点滅が終わる。」

というのが、私が思う

「ふつー」の動きだと思います。

 

ところが、このクルマは、

レバーは中立に戻って、

なおも方向指示器は点滅し続ける

という動作をします。

 

ちなみに、

同じトヨタの「ヴィッツ」では

前述の「ふつー」の動きをします。

 

ダイハツの OEM

同じトヨタのクルマなのになぜ?

という答えは、ズバリ、

「ダイハツ製だから」

です。

 

ダイハツ車は

軽自動車からコンパクトカーまで

方向指示レバーは同じ動きを

します。

 

トヨタ車のラインナップの内、

一部のクルマについては、

ダイハツで生産されたものを

トヨタブランドで販売しています。

 

※これを OEM(相手先ブランド)生産といいます。

例えば、この「パッソ」は

ダイハツの「ブーン」と

ほぼ同じクルマです。

 

「パッソ」は過去には

トヨタとダイハツが共同開発

した時代もありましたが、

現行モデルは完全なるダイハツ製です。


スポンサードリンク

さらに多重?OEM……

同じケースとして、

トヨタ「ルーミータンク」が

挙げられます。

 

コンパクトなトールボディの

このクルマ、なかなか

評判を呼んでいるようですが、

これとてダイハツ「トール」と

ほぼ同じ。

 

さらには同じモデルが

スバルブランドでは

ジャスティ」という名で

販売されていたりします。。。

乗り味も……

これらダイハツ製コンパクトカー群、

正直ワタクシの印象は良くありません。

ブレーキのタッチは

剛性感が弱くふわふわだし、

乗り心地はいい反面、

コーナを曲がる際、

少しスピードを出し気味に

すると車体が大きく傾き

少しの恐怖を感じます。

 

この品質で……?

大企業たるトヨタさまでは、

「第一線モデルではないから」

という理由で OEM なのかも

しれませんが、

このクオリティで

トヨタのブランドを

名乗らせるのはいかがなものか?

というのが私の

率直な意見であります。

 

「スバルの軽」は

ここからは少し脱線。

 

これはすでにご存知の方も

多いかと思いますが、

スバルでは 2012 年に軽自動車の

生産から全面撤退しました。

現行モデルの軽自動車は

すべてダイハツ製です。

 

トヨタの軽も……

2011 年から順次発売された

トヨタの軽「ピクシス」シリーズも

すべてダイハツの OEM です。

 

元々、トヨタでは軽自動車を

作っていませんでしたしね。

 

OEM=節操なし

最初に抱いた違和感から

あらぬ方向に話題が

広がってしまいました。

 

これを書いていて思うことは

「トヨタさん、節操なさすぎでは……?」

皆さんはどんな感想をもたれますか?

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ