カーシェア試乗記 タイムズカーシェアで「スズキ ハスラー」

本日はふと思い立ち、

こんなクルマを借りてみました。

試乗がてら使い勝手なども細かくチェックしてみます。


スポンサードリンク

スズキ ハスラー

トールワゴンと SUV の

要素を統合させた軽自動車。


この手のクルマを望んでいた方は結構

多かったようで、かなり売れました。


今回乗ったのは先代モデルで、

2019 年 12 月に現行型に

モデルチェンジ(発売は 2020 年 1 月)されています。

外観

実車チェック。


まずは丸形ヘッドライト。

かわいい雰囲気を漂わせながら、

全体的には骨太感も。


なんとも絶妙なバランス。

現行型は使い勝手を重視、

より角張った雰囲気になっており、

この辺りは先代のこの型が好みです。

内装

運転席に座ると飛び込んでくる景色が、

これです。おしゃれです。

ボディカラー同色のパネルが主張するも

嫌味がありません。


エアコン吹出口はヘッドライトを

モチーフとした形になっています。


シートは、

これまたおしゃれ柄にイエローステッチ。

いいですね。


さらにドアトリムも抜かりなく、

スピーカーもヘッドライト型。

リヤも抜かりなく。

かくして全方位でおしゃれ。

使い勝手

其の一方で、使い勝手も重視。

助手席座面を起こすと

取り外し可能なシートアンダーボックスが。

後席も大きくスライドし、

居住性と荷室空間を生み出します。

試乗!

では、乗ってみての感想を。

SUV × トールワゴンということで、

腰の高さを感じます。


乗り心地もタイヤがバタバタ、

ゴツゴツを伝えてきますが、

軽自動車に乗り心地を求めるのも、

まぁ許容できる範囲です。

運動性能

走ってみると街なか走行では十分な

パワーを持っています。

感心するのは S-エネチャージ。


ISG(Integrated Starter Generator)が

低速でのトルクを加え、出足も不足なし

(多少ギクシャク感はありますが)。


アイドリングストップからの

復帰はこの ISG を使うため、

振動なし、音も静かです。


これは現状某 D 社では出せない味。

停止直前にエンジンも止めますが、

そのときにトルク抜けも最小限。

ブレーキ操作も違和感をあまり

感じる事なくできます。

※ ISG=「スターター機能付き発電機」と訳されます。

スバルの血も

ハスラーはその背の高さから、

コーナリング時のロールも

大きめに出るのですが、

割と 4 輪がしっかり踏ん張っている印象。

不安定な恐怖感などはありません。


このハスラー、実は

フロントサスペンションロアアームが

富士重工(現 SUBARU)との共同開発。


これが案外聞いているのかも。

おしゃれ

かくして、1 時間少々の試乗でしたが、

なかなか良くできたクルマかと思います。


内外装から走りの雰囲気までもが

なんとなく「おしゃれ」という

言葉で統一が図られたような、

なんとも心地よい気持ちにさせてくれる

クルマでした。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ