Amazon マーケットプレイスに値上げの波

本日は私がお世話になっている業界と

そこから話を膨らませてみます。

 

Amazon マーケットプレイス値上げ?

Amazon マーケットプレイスで、

書籍、DVDなどメディア商品を

購入された方はココ数日で、支払額が

少し上がっているのにお気づきかと思います。

 

※ Amazon マーケットプレイスや私がお世話になっている

業界については以下の過去エントリーをご参照ください。

私の職場について(Amazon マーケットプレイスとは)

 

コレ、要因はなにかと申しますと、

Amazon 側から出品者へ課せられる

手数料の値上げを反映したものです。

 

この手数料値上げは 2017 年 10 月 24 日に

実施されていますので、

現状、旧価格になっている商品についても

今後、価格上昇する可能性があります。

 

もし旧価格商品を見つけたら、

今が買いどきかもしれません。

 

値上げ転嫁先は?

今回のこの措置と同時に、

商品の送料について各出品者が

自由に設定できるようになりました。

 

これによって、手数料値上げの

転嫁先としては通常、以下2通りの

選択肢が考えられます。

 

1.本体価格は据え置いて送料を値上げ

2.本体価格を値上げして送料は据え置き

 

購入時の注意

で、今後ご利用される方に気をつけて

頂きたいんですが、今後は

送料が出品者によって変わってきますので、

各々の本体価格のみではなくて、

本体+送料双方をしっかり

確認することが重要となってきます。

 

特に定形外となる厚さのある本や

重量級のコミックセットなどは、

これまでの送料 257 円では

到底ペイできていません。

 

今後、著しく上る可能性もありますので

しっかりチェックしましょう。

 

さらなる値上げも……?

そして気になるのが、

今後はゆうパックの料金も

値上げが予定(2018 年 3 月 1 日より)

されていること。

 

これも今後の価格上昇に影響を

与える要素となることは

間違いないでしょう。

 

まとめ

今後、この業界を取り巻く状況は

どんどん厳しさを増す一方です。

 

とはいえ、

これまで運送業界で

長らく見られた人件費の

不当評価などが見直されている

という好ましい状況も

あるわけで、一概に

駄目とも言い切れないんですよね。

 

なんとも複雑で難しい状況に

なりつつあります。

 

そろそろ、

なにかしらの抜本的な改革が

求められているのかもしれません。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ