【アーカイブ】トワイライトエクスプレス乗車記 その1

本日、JR 西日本のクルーズトレイン

トワイライトエクスプレス瑞風」の

運行が開始されました。

 

それを祝しまして、

私が以前体験した

「トワイライトエクスプレス」

(瑞風が付かない方)の旅の記録を

お送りします。

 

旅をしたのは 2014 年 7 月。

 

今では不可能となった

大阪→北海道の鉄旅の記録を

ごゆっくりお楽しみください。


三連休に友達と「知床の山に登ろうツアー」を

計画し、時間のある私だけ前乗りすることにしました。

その大地への旅の第一日。

 

今回は憧れの列車に乗ってみました。

自宅最寄り駅を始発列車で出て東京駅へ。

6:56 発の「こだま 633 号」に乗ります。

今回は東海道新幹線開業 50 周年記念の

「こだま☆楽旅IC早特」を使いました。

これを使うと東京→新大阪間でグリーン車に

約 50% 引きの 9,500 円で乗れて

しまうというお得なきっぷです。

 

2015 年 3 月末までの期間限定となっています。

 

乗車したのは 9 号車。

東京~新大阪間では「こだま」も

16 両編成ですので贅沢にもグリーン車は 3 両。

 

ただし、車両は 700 系だったので、

各座席の電源コンセントはありません。

 

先頭の席にあるのが見えたので

車掌さんにお願いして真ん中の

席から変えてもらい電源確保!

 

そもそも利用者の少ない

こだま号なのでグリーン車もいたって静か。

 

走りもゆったりで、

小田原、三島、新富士、静岡、

掛川、浜松、豊橋、岐阜羽島、米原で

それぞれ 5 分間足をとめて

後続の列車に道を譲って行きます。

 

浜松では接続列車待ちで

4 分ほど遅れましたが、

三河安城で定時に戻っていました。

 

よほど余裕のあるダイヤなんでしょうね。

 

ということで新大阪にも無事定時着。

 

在来線の普通列車で大阪へ一駅移動します。

目的の「トワイライトエクスプレス」が

入線する時刻は 11:11。

 

既に過ぎていたのですが、

まだ列車は入っていない様子。

 

出発となる 10 番線ホームに

急いで行ってみると

しばし待ったところで列車が入ってきました。

 

ホームで待機する食堂車スタッフが

列車に向けて一礼するのが

恒例儀式となっているようです。


予定通りの入線ならこれが

見られなかっただけに今日は

とてもラッキーでした。

 

入線後は 11:50 の発車時刻まで

たっぷり時間があります。
自分の寝台を確認、荷物を置き、

一旦下りて夕食用の駅弁調達

(食堂車ディナーは予約せず。12,000 円ですからね…)。

9、10 番線ホームに駅弁屋さんはなかったので、

隣の 11 番線ホーム(主に北陸線特急用)まで移動しました。

 

まだまだある停車時間を

利用して車内を探検してみます。

 

1、2 号車は A 寝台個室

(スイート、ロイヤル)のみで、

3 号車の食堂車を隔てられており、

なんとなく入るのも憚られたので

外から見たのみ。。

 

B 寝台個室シングル・ツインは

やはり狭いようですが「あけぼの」や

「北斗星」のソロに比べると居住性は

良さそうでした。

 

そしていよいよ発車。

私のベッドがあるのは 8 号車。

B コンパート(いわゆる B 寝台車)です。

自分のベッド脇にある通路の

簡易椅子で車窓を見て過ごします。

 

西大路手前で上り「トワイライト…」と

すれ違い。

あちらは新幹線の高架下を

走っていたのであまりいい絵は

撮れませんでした。

おおらかな感じ(性格も体格もw)の

車掌さんの検札が終わった後、

シャワーカードを購入するために食堂車へ。

 

19 時前後の日没時間を避け、

18:00 – 18:30 に予約しました。

 

湖西線に入りしばし走ると

車窓には広大な琵琶湖の姿が。

 

近江塩津で北陸本線と合流する

直前まで車窓を飾ります。

鳩原ループ線を脇に眺めながら

(下り列車は通らない)敦賀へ。

 

敦賀を過ぎた当りで食堂車へ。

ランチ営業は 13 時からでしたが

当初は混雑が予想されたので

少し遅らせてみたのですが、

それが正解だったようで、

すぐに空席に案内されました。

 

オーダーはハンバーグと

スープ、サラダ、ライスのセット。

 

最初にやってきたスープで軽く

口内を火傷。。。

ハンバーグはそれなりの

お値段だけあってかなり美味しかったです。

 

気分的なものもあるかもしれませんが。

それにしても、日中に食堂車で食事が

できるというのは、イベント列車を除くと、

今はもうこの列車だけなんですよね。。

 

食後はロビーカー、ミニロビー、

B コンパートメント通路などを

転々としながら時を過ごします。

 

B コンパートメント上段だと

寝るまで自分の居所がないのがちと辛い所。。

 

14:30 過ぎに食堂車スタッフが

自席に夕食確認と朝食予約のお伺いに来ました。

既に 8:20 からの回しか空いていなかったので

その時間帯を予約。

 

下り列車の場合、

6:00、6:45、7:30、8:20 の

4 回設定されていますが、

早い回は団体のお客さん達に

抑えられてしまっているようです。

 

その後もぼんやりと

車窓を眺めたりして過ごしていると、

直江津に到着。

 

停車中にシャワータイムが

来たのでロビーカー脇のシャワー室へ。

先の予約通り 30 分間使えます。

そのうちシャワーが出る時間は 6 分間。

6 分って短いんじゃ?という方も

いると思いますが、純粋にシャワーを

出せるのがこの時間ですので、

出しっぱなしにしない限りは

十分余裕がありました。

実際、私は 2 分ほど余らせましたしね。

 

さっぱりした後は、ロビーカーで

買ってきた駅弁を食べながら

夕焼け(トワイライト)を……

と思いましたが、生憎の天気の

ためどんよりとしたまま

暗くなっていきました。

 

ソファーに移動して食後のまったり中に

同乗していた団体ツアーの添乗員女子と

ちょっとお話。


「お客様はフリープランなので明日解散後、

自分は夜の便で帰り。それまで札幌で時間をつぶす。」

との事。

 

なかなかチケットが取れないこの列車、

かくのフリープラン狙い

という手もあるかもしれません。

 

もう一つ団体さんが

乗っていましたがこちらは

道内も決まった行程があったようです。

 

2 つの団体で 80 名くらいとの

事だったので一般として

手配するのはやはり厳しいんでしょうね。

(トワイライトエクスプレスの定員は

エキストラベットを使わないで 110 名ほど)

新津に停車。

 

ここから先、次の洞爺まで

お客さんの乗降はできません。

ここから羽越線に入ると線路が

悪いのか乗り心地が若干悪化します。

 

食堂車ではディナータイムが

終わり 21:00 からはパブタイム。

 

この時間は予約なしで入れますので、

再びお邪魔して、グラスビールを傾けます。

中身はサッポロクラシック。

北の大地へ思いをはせながら

つまみは但馬鶏の唐揚げ(笑)

 

鶴岡に運転停車。

ここで JR 西日本車掌さんから

最後のアナウンス。

「未明の青森駅で JR 北海道の車掌と交代」

とのこと。

長らく一緒に旅してきただけに

ちょっと寂しさを感じます。

こんな気持も普通の列車では

味わえないですね。。
夜も更けてきたの寝床に入ることにします。。。

 

その2へ続く。

 

したっけ。




ブロトピ:ブログ更新しました

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

One Response to “【アーカイブ】トワイライトエクスプレス乗車記 その1”

  1. […] │【アーカイブ】トワイライトエクスプレス乗車記 その1 >> […]

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ