ひたちなか海浜鉄道延伸区間の建設費

本日の報道にて。

 

タイトルの件について、ひたちなか市長は、

先日お伝えしたルートでの事業費概算では

65 億円と見込んでいることを明らかにしました。。

 

その内訳は、

  • 高架設置や盛り土などの工事費 31 億円
  • 信号や線路などの整備費 11 億 8000 万円
  • 用地取得費 4 億 1000 万円
  • 駅の建設費 3 億 4000 万円
  • その他工事 14 億 7000 万円

となっています。

 

現在、鉄道新線の建設の際に踏切は作れないことになっていますから、

やはり高架・盛り土などで工事費はかさんでしまうようですね。

 

これだけの費用を会社と市で捻出するのは

やはり難しいらしく、市長さんは国や県にも働きかけていくとのことですが、

沿線にかかえる「ひたち海浜公園」とのコラボで、

さらに観光客を呼びこむことが可能になると思います。

 

想定される運行開始は 24 年度。

まだまだ障壁はたくさんあるでしょうが、

なんとか早期に延伸開業して欲しいと思います。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ