キャッシュレスな一日 電子マネーsuicaで過ごす

昨日の話。

 

電車で都内をぶらりとしつつ、

?な展示会を見たりしましたが、

 

出かけにサイフを見たところ

持ち合わせがほとんどなく。。

 

なら、現金を使わないで

暮らしてみようか。

最悪の場合は ATM に行けばいいし。

 

ということで、

実行に移した結果をご報告。

 

まず結論から申しますと、

なんら問題なく過ごせました。

 

今回、私が使ったのは

電子マネー「モバイルsuica」。

 

首都圏の皆様にはお馴染みかと

思いますが、交通系電子マネーですね。

私の場合はそれをスマホに登録して

使っております。

 

鉄道による通勤をやめてから、

最近、その出番が減っておりましたので、

久しぶりに活躍してもらいます。

 

ここからは具体的に行動に即して、

suica の使用履歴を追いかけて

みましょう。

 

まず、出かける前に 3,000 円ほど

登録しているクレジットカードから

チャージしておきます。

 

自宅最寄りの新三郷駅から

南越谷まで JR 武蔵野線に乗車。

運賃は 165 円。

 

隣接する東武スカイツリーラインの

新越谷駅から東京メトロ恵比寿駅まで

の運賃 545 円。

 

ここでスバルショールームに

行く前に駅近くの「松屋恵比寿店」にて

牛焼肉定食(590 円)のランチ。

 

生野菜のドレッシングは「ごま」、

焼肉にはバーベキューのタレ、

というのは余計な情報ですね(笑)

 

スバルショールームでは支払いはなし。

今回は満席で利用できませんでしたが、

併設のカフェ「タリーズコーヒー」でも

suica が使えます。

 

ここから六本木まで徒歩。

当然ながら支払いなし。

 

謎が謎を呼ぶ展覧会も無料。

 

その後立ち寄ったテレ朝の

グッズショップも

冷やかしのみだったので

支払いなし(suicaが使えます)。

 

帰りの電車にのる前に

自販機で飲み物を購入(130 円)。

 

東京メトロの六本木駅から

日比谷線で秋葉原駅まで 195 円。

 

つくばエクスプレスに乗り換えて、

南流山駅まで 565 円。

 

おやつとして、

南流山駅の NEWDAY(コンビニ)にて

お菓子とカフェオレ購入で 319 円。

 

JR 武蔵野線南流山駅から

新三郷駅まで 154 円。

 

こんな感じで一日現金を出すことなく

問題なく活動を終えることが

できました。

総支払額は、2,663 円。

 

もっとも、

これは現在の私の生活圏での話。

 

例えば山ごもりをする猪苗代

あたりだとこうは行かないとは

思いますが、

大手スーパーやコンビニなどでは

電子マネーに対応していますし、

ゲレンデの飲料水の自販機でも

使えたりしますので、

ある程度活用することができます。

 

と、ここまでは使い勝手を

書いてみました。

利便性はかなり高いといえますね。

 

さらに、私の場合、

個人事業主という身分ですので、

毎春「確定申告」っていう

厄介な作業があるんですけど、

 

私が使っている会計ソフト「freee」に

suica を口座登録しておくと、

この履歴から簡単に取引を

登録することができちゃったりするんです。

 

私ができるだけ

クレジットカードや電子マネーを

使いというのはこんなところも

あるわけです。

 

ということで、

アナログ派を自認する方が

いらっしゃればこの便利さを

ちょっとだけでも味わって

みることをオススメします。

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ