生産性向上のはき違いと「ロボット押印システム」

昨日お休みした分、もう一つ記事を。

IT 屋の端くれとして心底がっかりしたニュースから。

感情のおもむくままに書きますので乱文ご容赦を。


スポンサードリンク

ロボットが自動で押印

今回取り上げるのはこのニュース

リンクが切れたときのために以下に要約しますと、

ロボットを活用して契約書などの押印を自動化するサービスが発表された。金融機関や自治体など、契約書・請求書の電子化が進んでいない業界の押印作業を効率化する狙い。


システムは、複数書類を自動でめくり、

書類を自動判別、押印欄に自動押印。

というスグレモノ……


はぁ。。


これを見て肩を落とした同類の方、

多分数多くいらっしゃると思います。

生産性って……

そもそも論ですけど、このニュースを見て、

「おおすげぇ」と喜んじゃった方、

相当にやばいです。


「押印廃止すれば生産性が向上するよね」

という発想が出てくるのが当たり前です。


押印廃止。

これが最適解なのですが、

なぜそうしないか。


そこには大人の事情があるようで、

さくっと説明すると

「ハンコがなくなると困る人の発言力が大きい。」

というのが大きな理由の一つで

あると言われています。


いわゆる既得権益ってやつです。

こういう人たちが今の日本をダメにしている

のは間違いありません。

生産性の低い実例

ではでは、身近なところで、

がっかりさせられた同様の例を上げてみます。

計算機片手に EXCEL シート入力

つい最近発見した例。

某職場(お察しを)では、

請求書とかの書類は EXCEL のテンプレートに

入力、印刷して提出という方法をとっているのですが、

この表中に記載する金額計算をするのは

傍らに置いている電卓。。。


あのぅ、EXCEL って「表計算ソフト」なんですけど。

単に書類の見栄えを良くするためだけに

使われている生産性度外視の残念な例です。


そもそも請求書出力機能を持たない、

現状の◯◯◯とか言うシステムも

クソなんですが……

印鑑強制

これはとある役所での出来事。

印鑑持参を忘れた時、窓口氏に言われた事。

「近くに 100 円ショップありますから

そこで買ってきて押してください。」


なら、サインでいいやん。

と多くの人は思うでしょう。

どこででも手に入る印鑑を押すという

行為にどれだけの意味があるのでしょう。


かくにお役所の方とか古い会社の上層部というのは

「思考停止」している方が多いですね。

「生産性」という言葉を知らないのか?

と思ってしまうほどです。

他人の時間をうばうな

上記のような方は残念ながら

当ブログを読んでいないとは思いますが、

あえてそんな方々に言いたい。


「自分たちのメンツのために

他人の時間を無駄にしないでください。」


さらに経営者の方には、

「そんな無駄な業務にもコスト(人件費)かかってますよ。」


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ