2016年度確定申告完了しました!

個人事業主の私には心重い時期がやってきました。

その原因は確定申告

 

とはいいつつも、

帳簿への記録などはクラウド会計ソフトを

使っているのでこの辺りの手間はだいぶ

省けているはず。

 

で、昨日、滞りなく?申告書類の作成を

終えることができました。

 

で、その提出で問題発生。

 

私が使っている Freee では、

今回から申請までできるようになったのですが、

ここで大いに躓いてしまいました。

 

ということで、

来年のことも考えて今回の顛末を

備忘録としてまとめておくことにします。

 

まず第一に引っかかった点。

 

Freee の確定申告の提出画面で、

専用アプリのインストールの必要があるのに

これを忘れていたため画面遷移せず。

 

→ これはアプリをインストールすることで回避。

 

で、次が大いに悩んでしまったのですが、

 

電子証明書(住基カード)を認識しない。

 

というもの。

 

まず、リーダライター(PaSoRi)に問題が

あると思い、ドライバを再インストール。

 

 

※この際、最新版にバージョンアップ。

 

e-tax 事前準備(平成28年度版)を実施。

※これは毎年やる必要があるそうです。

 

e-tax ソフト(WEB版)にて

「ご利用環境のチェック」を行うも問題なし。

※このサイトは InternetExplorer のみ対応。

 

ここまでやったところで行き詰まり…

 

電子証明書の内容を確認しようと、

JPKI (公的個人認証サービス)利用者ソフトを起動し、

電子証明書見ようとするとエラー。

 

まだ証明書を認識出来ていない模様。

 

よくよく調べてみると

JPKI 利用者ソフトに

Java 実行環境の登録がされていない模様。

 

いつの間にか JRE をアンインストール

してしまっていたようなので、

こいつを再インストールして、

JPKI 利用者ソフトに再度登録。

 

これでどうだ!

 

と試すもまだ NG。

 

で、PaSoRi サイトを色々探していると

 

 

PC/SC アクティベーター for Type B

なるソフトウェアを発見。

 

PC/SC 機能とは JPKI を利用するために

必要な機能だそうで、

PaSoRi ドライバを更新したあとは、

再度インストールする必要があるみたいです。

 

ということで、

 

以上の手順を踏んでから

再度試してみると申告書提出は

上手く行きました!!

 

※後にわかったのですが、

ドライバとPC/SC アクティベーター…は

こちらから一括適用できるようで……

 

ということで、

今年も色々ありましたが、

私の確定申告作業はこれにて終了!!!

 

結局、今回も税務署に足を運ぶことなく、

完了するできました。

 

ということで、

なんだかんだ言いましても、

会計ソフトのおかげて作業工数は

かなり省力化できたことは間違いないですね。

 

みなさんも試してみてはどうですか?

お試し無料プランもありますよ。


したっけ。

コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ