満を持して発表!New インプレッサ

本日、New インプレッサが発表されました。

 

スバルの次世代プラットフォームを採用した

今後のスバルの行く末を左右する試金石とも

言えるこのクルマ。

 

私の期待値もかなり高めであり、

実車を目の当たりにしてみても

その値は高まるばかり。

 

これまでもティーザーサイトや、

先行展示会の開催などもあり、

かねてから追いかけてきた私や、

スバリストの皆さんには今更な話題かもしれません。

新たな話には乏しいところですが、

本日発表された先行予約台数はすごいと思いました。

 

その数 5883台。

 

受付期間は9月1日から10月11日の一ヶ月強。

出だしはかなり順調とっていいと思います。

 

が、また納期が伸びるんだろうなぁという懸念もあります。

プレスリリースを見ますと月販目標は 2500 台と

ありますから、おそらくこれに準じた生産台数になるでしょう。

 

発売となる 10 月 25 日までには

さらなるオーダーを抱えることになりそうですから、

納期は早くて 3 ヶ月なんてことになるのかと

思います。

 

また、今月発売されるのは

販売比率としては高めにな2.0L エンジン車のみで、

1.6L エンジン車の発売は年末ですから、

このグレードはさらなるバックオーダーを抱える

ことになるのではと想像できます。

 

こうなってくると、

 

「○○までに納車できないなら買えないなあ」

 

なんて方は結構増えてくるように思います。

この機会損失ってそれなりの割合をしめているのでは?

 

一時的なブームに生産力を合わせることは

あまり規模の大きくないスバルにとっては

なかなか難しいことかとは

思いますが、調整できるところはしてもらって

欲しい方には少しでも早く手に入れられる

状況を、と願うものであります。

 

と他人事のように書いてみましたが、

とりあえずデビューフェアには足を運んで

できれば試乗などもしてみたいと思います。

 

そこでハンコおしちゃったりして(笑)

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ