本当の復興を迎えるのはいつ?

ちょっと辛いですがこんな話題です。

 

先週末に実施した宝探しツアーでは、

最初の攻略地である相馬に向かうため、

2015年 3 月に開通したばかりの

常磐道(常磐富岡IC~浪江IC)を通過しました。

 

いわき JCT  からさらに北に向かうと現れるのがこの標識。

DSC00462_R

最大値が 4.1 マイクロシーベルト毎時となっています。

日常生活ができる水準とは言いがたい値ですね。

 

皆さんお忘れではないとは思いますが、

2011 年 3 月に起こった東日本大震災において、

近くにある福島第一原子力発電所は

壊滅的なダメージを受けました。

 

核燃料はメルトダウンしており、

どこにあるかもわからない状態で、

現在も放射線をまき散らし続けています。

 

5 年を経た今でも原発周辺は

帰宅困難地域となっていて、

日中の立ち入りはできますが、

宿泊を伴う滞在をすることはできません。

 

また、原子力発電所により近い国道 6 号は

二輪・軽車両、歩行者は通行禁止となっています。

 

ちなみに常磐道では最も近くてもこのくらいの距離があります。

DSC00468_R

このナビの地図を見ても通行に

多々制限があるのが分かります。

 

そして、この前後の区間で見た異様な光景。

私は言葉を失いました。

延々に見えるのは田畑の中に、置かれた廃棄物の大群。

 

DSC00467_R

各地の除染作業で発生した放射性物質を

含む土砂が積み上げられています。

こんなのがアチコチにあるわけです。

 

そして、人気のない民家。

DSC00470_R

庭の草や木々の緑に覆い尽くされようとしています。

 

そして周囲には荒れ放題の田畑。

 

まさに「ゴーストタウン」とも言える

光景を目の当たりにする事になります。

 

結構な時間が経ち、人々の記憶から

忘れ去られようとしているあの震災ですが、

この地ではまだ現在進行形なんです。

 

どこぞの国のお偉いさんは、

「アンダーコントロール」なんて表現を

使っていましたが、その実は収束とは

程遠い原発の現状や、あちこちに

増え続ける廃棄物を見るにつけ、

なんともやるせない気持ちになります。

 

なんとかしたい気持ちもありますが、

かといって、私にできることは限りがあります。

 

ので、今後も足繁く福島に通って、

ささやかな支援をしていく。

これが私にできる復興支援の方法です。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ