志賀高原 スキーヤーの聖地が…

スキーヤーな私には残念な話題。

 

いよいよといいますか、

奥志賀と熊の湯が今シーズン(2015-16)より

スノーボード解禁となるようです。

 

賛否両論あるでしょうが、

今回、私は「否」の立場から意見を申します

(スノーボーダーの方、お気を悪くされたらごめんなさい)。

 

まず、スキーとスノーボードはそのターン弧が違います。

一般的にスキーは横長、スノーボードは縦長です。

 

また、横乗りに近いスノーボードは、

どうしてもバックサイド側の死角が広くなります。

 

私はこの特性を知った上で、

スノーボードの方とは、コースを先読みしながら、

できるだけ間隔を空けて滑るようにしています。

 

ですが、

奥志賀や熊の湯はファミリー層が多く、

例えばお子様たちにこんな事を周知させるのは、

大変困難な話になるでしょう。

 

また、スノーボーダーもこの特性を理解している人、

またスキーヤーとてこの特性を理解している人が

多くいるとは到底思えません。

また、スノーボードは、リフト乗降車時の板装着時には、

ほとんどの場合、どうしても停止する必要があります。

 

また、コース上で休憩をとる場合にも、

ゲレンデに座る事がおおくなるので、

特にコース幅が狭いところでは相当に気を使います。

 

これらから、安全にスキー、スノーボードを楽しむためには、

ある程度区分が必要であるというのが、私の見解です。

 

極端な話、スノーボード専用のゲレンデ、

コースがあっても良いと思います。

 

ということで、思いの丈をさらっと述べましたが、

今シーズン志賀からは足が遠のきそうだなぁ。

と感じる今日このごろであります。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ